食彩品館.jp

「さとう宮津店(ミップル)でJR西日本の催事に遭遇」。「宮津農産物直売所 宮津まごころ市」も敷地内にある(京都府宮津市)

Facebook にシェア
LINEで送る

当日の行動予定は
・舞鶴~宮津~姫路~宝塚~川西~箕面というルート。愛知県から日本海を経由して太平洋側に出る。さらに姫路に向かい、大阪経由で愛知に戻るという「一体何しに行くんだ?」という計画。
早朝出発しているので宮津市で目的を果たしてもまだ10時30分。計画に1時間ほど余裕がある。ということで、いつもの寄道。お土産購入目的でスーパーへ。

さとう宮津店(ミップル)
京都府宮津市浜町
(宮津シーサイドマート ミップル内)
℡0772-25-3100
201012181000

4回ほど訪問しているだろうか。しかも宮津~丹後半島にかけてのスーパーマーケットはすでに訪問完了している
 入口でパンフレットを配布していた。見ると「JR西日本の新型特急記念キャンペーン」。
こういうキャンペーンには目がない。すぐに5階の催事場へ向かう。
座席に座って説明を受け、さらに記念撮影してもらう。アンケートに答えたら記念グッズをいただいた。なかなかレアなイラストが書かれている。新型特急はハクタカ似。
20101218jr
20101218jr_2
1階に戻り、さとう宮津店の売場へ。
久々のさとう店舗なので、活きの良い鮮魚を楽しみにしていたが、いつもの迫力がない。
売場の方に「市場休み?」と確認すると残念ながら市場休。それでも小振りだがアイシャドー残る天然鯛やアオリイカの新鮮なものがあったが未購入。
鮮魚の品揃えが豊富でないとさとうの魅力も半減すると思ってしまうのは、食彩賓館が鮮魚好きなため。お買い得感のある低価格商品も揃っていて、良い店です。
とりあえず、お茶だけ購入。58円。
1_2
●食彩賓館的印象
(2010/09/29改訂)
 (評価ではありません)
総合     ★★★☆☆
装飾・備品★★☆☆☆
品揃・商品★★☆☆☆ 
(市場休日のため鮮魚が寂しい)
売場作り ★★☆☆☆
品質・衛生管理★★☆☆☆
価格(当日)★★☆☆☆
サービス  ★★☆☆☆
リピート  ★★★☆☆
視察向け ★★☆☆☆
繁盛感   ★★☆☆☆
上記の★☆の説明はこちら

Photo_8

前回、ミップル訪問時にはなかった建物発見。

宮津農産物直売所 宮津まごころ市
京都府宮津市字浜町3008番地
℡0772-22-2121(平日)
℡0772-22-6123(土日)
開店日 2009/12/26
・毎週水・土・日曜日の午前9時~12時
・共に育む「命の里」事業(生活環境基盤整備)による第1号施設
・世屋地区、日ヶ谷地区の地域連携組織の構成員である「宮津まごころ市運営組合」(宮津市内の生産者・加工グループ52団体で構成)
・施設概要 軽量鉄骨造切妻平屋建て(195.4㎡)
・総事業費36,000千円。補助対象事業費21,760千円(内京都府補助14,500千円)
20101218_3

最近の直売所は大型化が進み、生鮮品や加工品も揃えているところが多いが、この直売所は小振り。宮津ならではの商品を探したが、残念ながら見つからず、未購入。
************************

Facebook にシェア
LINEで送る