食彩品館.jp

トップワールド野崎店リニューアルオープン訪問(大阪府大東市)

Facebook にシェア
LINEで送る

トップワールド野崎店
大阪府大東市深野4-2-12
℡072-875-1100 
・改装休日7月23日(土)~8月5日(金)
改装開店日 2011/08/06
訪問日    2011/09/30
201109301215
  トップワールド社の店舗はスーパーマーケットで働く者にとって、マネリング(モデリングまでいかない形だけの模倣<真似リング>のこと)のネタの宝庫。
特に表示は参考になる表現が多い。「コト販売・コトPOP」の見本が多数。
いくつか同社の店舗を訪問しているが、今回の最新リニューアル店舗である野崎店は少し大人しめの印象。
天井からのデカPOPや、くどすぎるコト表現POPが少ない。
それでも同社らしいコト表現のPOPをいくつか見ることができました。
・「Wのおかず弁当」はメインのおかずがタブルで充実度も「W」。
・平牧金華豚は純系ではなく、交配種を品揃え。POPが秀逸。「35/46000の奇跡。一般国産豚が1日に約46,000頭の出荷数に対して、平牧金華豚は1日にわずか35頭しか出荷されません」

 自然の味協同組合の商品が品揃えされていたり、同社PB商品のこだわりをアピールするものの、いかんせん価格的な魅力が少ない。例えば、どの企業もあえて低価格で販売する商品の価格が高かったり、価格比較対象品種・品目にこだわりPBを投入している。
食彩賓館はトップワールドのような高質商品を前面でアピールした売場作り・商品作り・品揃えをする企業が好きですが、今は「こだわり商品であっても価格的に安い」が必要と感じています。価格がすべてではないけれども、「品質に比べてお値打ち」だけでは客の購買意欲を刺激することはできにくくなっていると感じています。

●購入商品
20110930_193
・サラノバ(大阪府泉南市ファーストファーム産)は太陽光利用の植物工場で生産された野菜。コンピューター自動制御でハウス内の温度・光・水・培養液を管理する。化学的に合成された農薬不使用。POPの「強調しない味」という表現が面白い
・「スーパーベジ
 田口青果(岡山県)が真空+低温スチーム技術でボイル野菜を商品化。約12種類ほど。茹でたてのメークインの香りはないものの、従来の真空パックの野菜よりは食感も味も良いという印象。グッドです。 
・べいく堂メロンパンラスク。メロンパンがウリのべいく堂のラスク。

●資料
20110930_30 Photo

●食彩賓館的印象
 (評価ではありません)
総合     ★★★☆☆
装飾・備品★★★☆☆
品揃・商品★★★☆☆ 
売場作り ★★★☆☆
品質・衛生管理★★☆☆☆
価格(当日)★☆☆☆☆
サービス  ★★☆☆☆
リピート  ★★☆☆☆
視察向け ★★★☆☆
繁盛感   ★☆☆☆☆
ワクワク感 ★★☆☆☆

上記の★☆の説明はこちら

●トップワールド社に関する記事

・2009/11/15 「トップワールド」枚方店と香里ケ丘店
・トップワールド樟葉店で「超鮮度宣言とコト販売」を学ぶ
2011/06/30トップワールド星田店でコトとコト
Facebook にシェア
LINEで送る