食彩品館.jp

ザ・ビッグエクスプレス高針店オープン訪問記(名古屋市)

Facebook にシェア
LINEで送る

 オープン当日の午後到着。すでにオープン直後の混雑は緩和しているものの、駐車場は入場待ち。
数分の待機で駐車場へ停めることができた。
まずは外観撮影。道路を渡り撮影。正面の街路樹が少し邪魔だが看板を撮影することができた。
店内入口は正面向かって左側から。
青果売場には地場野菜コーナーを設置している。地場野菜といっても愛西市の農産物。さすがに名東区からの農産物直売は無理か。
低価格で販売されている青果物を見ていたら「越津ネギ発見」。伝統野菜フリークの食彩賓館がこれを見逃すハズもなく、ゲット。長さ80㎝ほどあるネギの大部分は軟白。
 ここで、聞きかじりの蘊蓄。
国産ネギは関西の葉ネギ(九条ネギ系)と関東の根深ネギ(千住ねぎ系)に分けられる。これに下仁田ネギ(加賀系)が別途あるわけですが、今回紹介する「越津ネギ」は葉ネギと根深ネギを交配させたもの。関東と関西に挟まれた中部地方にうってつけのネギです。
発祥地「越津町(津島市)」の名称をとって『越津ネギ』と命名。
江戸時代中期に栽培され始め、木曽川沖積地帯を中心に江南市、一宮市、津島市、稲沢市で栽培されています。
ネギの白い部分は土をネギの周囲に盛って(土寄せ)して作るわけですが、栽培地の土が土寄せしやすい場所(江南市等)で越津ネギが栽培されています。
ちなみに葉ネギは葉を、根深ネギ(白ネギ)は白い部分を食べますが、越津ネギは葉も軟白も食べることができます。
もっとも、葉の部分はおまけ程度で、越津ネギはやっぱり軟白の部分がメイン。甘みと柔らかさが普通の根深ネギ(白ネギ)との違いでしょうか。
愛知の伝統野菜(35品種)に指定されていますが、愛知の伝統野菜の条件は
1.今から50年前には栽培されていたもの
2.地名、人名がついているものなど愛知県に由来しているもの
3.今でも種や苗があるもの
4.種や生産物が手に入るもの
今回、購入したのはJA愛知北布袋支店管内の江南市園芸組合ねぎ部会の商品。
・主要産地 江南市布袋地区
・作付面積 18ha
・出荷量   240トン
 (平成20年11月~秋冬ねぎ予定出荷量)
・収穫・収穫時期 11月上旬~翌年3月

 ということで、白ネギとチビジャガ97円、キュウリ17円、モヤシ9円、カイワレ9円を購入し鮮魚売場へ。
生キハダマグロが100g127円ということで、即 買い。小型パックが嬉しい。
生魚も物色しているとメバルと金目鯛が目に入った。小振りだが金目鯛397を購入。煮て食べたが結構イケます。

 隣の精肉売場でオージーの肩ロースを100g97円で特売。たまたま売場にいた方に「ローストビーフにしたい」ということで見立ててもらう。ローストビーフといえばモモ肉だが、肩ロースでもある部位がローストビーフに向くんです。それを見たてられる人がたまたまいたのでお願いした次第。食彩賓館が精肉部門にいたのは30年前なので、もうすっかり見分けがつかなくなってしまって(笑)

 あれこれ、安い商品をピックアップして買物カゴに入れていると結構な金額になってしまいました。
エクスプレス形態なので、ちょっと手狭ですが、普段の買物をするには丁度良いのかもしれません。
でも198円弁当はなかった。
●購入商品
20120225_7
・イチゴ337円の売価に この店の心意気を感じた。立派です。
スナックエンドウ97円、ジャガイモ97円、タマネギ1個9円、カイワレ1パック9円、もやし1袋9円。バナナ37円。越津ネギ197円。伊予かん67円。

20120225_7_2
・生キハダマグロ100g127円。しかも少サイズパック。

20120225_7_3
・オージー肩ロース100g97円。
・金目鯛約25㎝の小振りサイズ397円。調理は自分でしなくちゃいけない。

20120225_7_4
・レンコンはさみ揚げ。半額。当日11時製造を16時前に半額。

20120225_7_6
・焼きそばとうどんはちょつと高めの19円(笑)
・たまごは77円。

20120225_7_5
・飲料ペット500ml 57円。
・オレオ127円、UFOと どん兵衛は77円。
============
以下、過去記事より抜粋
●ザ・ビッグエクスプレス高針店
愛知県名古屋市名東区勢子坊4-101
℡052-703-3201 
改装開店日 2012/02/25
営業時間 9:00~21:00
売場面積: 898㎡
駐車台数: 57台   駐輪台数:55台
改装開店日  2012/02/25(告知記事)
ニュースリリース
201202251527

 「バリューセンター」から「ザ・ビッグエクスプレス」ということで、以前は「業態変更」とか のたまってましたが、ようやく「改装」という表現にしてくれました。こういったケースを
企業側のニュースリリースやペーパー業界人(紙・誌の記者諸君)が「業態転換」とか「業態変更」とか使うのが気に食わんかったのです。業態を「価格政策」「売場面積」で区別をしている輩もいたりする。
1_5
Photo_4
20120225_1
20120225_2

=============

●バリューセンター高針店
愛知県名古屋市名東区勢子坊4-101
℡052-703-3201 
改装開店日    2009/10/09
改装のため閉店 2012/02/19
訪問日       2009/10/11(記事10/13)
改装告知記事   2012/02/18(記事02/18)
改装中訪問日   2012/02/19(part202/20)
↓ 撮影日 2012/02/19
201202191635

↓ 撮影日 2008/11/15(外観フォト)
20091011
↑ 撮影日 2009/10/11(外観フォト)
 (バリューセンター高針オープン時)

 食彩賓館では「バリューセンター」も「ザ・ビッグ」も「低価格志向店」としています。なので、店舗ブランド名変更&価格の位置づけ修正程度の改装。
イメージを変更するために外装も変更するのがイオン流。
訪問当日(2/19)は閉店売尽くしセールを実施してました。
Img_2367
 訪問時間は17時過ぎ。すでに数日前から売尽くしをしていた様子。ゴンドラの加工食品が少なくなっている。
壁回りの商品(生鮮関係)も50%オフになっていてほぼ完売。
雑貨、加食等は30%オフ。
ということで、購入商品
20120219_1
半額だったり、30%オフだったり。

今回の掘り出しモノはこちらの九重味醂の焼肉のタレ。30%オフだったので即 買い。
バリューセンターに置いてあるというのが面白い。
20120219_1_2

================

●ザ・ビッグに関する食彩賓館記事
2010/08/19ザ・ビッグ神辺店(広島県福山市) 
2010/09/01ザ・ビッグエクスプレス荒子店(名古屋市)
2010/11/17ザ・ビッグ花ノ木店(名古屋市)
2011/01/31ザ・ビッグエクストラ野洲店(滋賀県)
2011/02/25ザ・ビッグ野洲店再訪
2011/03/30ザ・ビッグエクスプレス鈴鹿ユーズ店
2011/05/02ザ・ビッグエクストラ津河芸店(三重県)
2011/08/01ザ・ビッグ浜松葵町店(静岡県浜松市)
2011/11/07ザ・ビッグ輪之内店の風景(岐阜県)
2011/11/25ザ・ビッグエクスプレス向島店(名古屋市)
2011/12/06ザ・ビッグ輪之内店訪問(岐阜県)
2012/02/17イオンタウン刈谷、ギガマート刈谷(愛知県)
2012/02/18ザ・ビッグエクスプレス高針店オープン告知
2012/02/20バリューセンター高針店からザ・ビッグEXP
2012/02/25ザ・ビッグエクスプレス高針店オープン
・2012/02/27ザ・ビッグエクスプレス高針店訪問記

●ディスカウントに関する記事
2011/12/06食彩賓館の“ディスカウント”
2011/10/19ディスカウンディングを考える

Facebook にシェア
LINEで送る