食彩品館.jp

大黒天物産 総社に食品製造施設 (物流センター併設)。自社製造PB商品開発促進

流通業界・用語|2012/03/01 posted.
Facebook にシェア
LINEで送る

2013年4月<操業予定>
大黒天物産食品製造施設
(物流センター併設)
岡山県総社市中原88付近
食品製造施設
・2012年10月着工
・ユニチカクテキスタイル工場跡地(61,336㎡)と市有地(約11,980㎡)合計73,316㎡
・施設床面積 約26,000㎡
・PB商品の拡充が狙い
 現在30%程度のPB構成比を拡大するため、既に自社製造している豆腐、パンに加え、麺、こんにゃく、納豆、ギョーザなどを自社製造に切り替える。製販合体に加え、配送も一体化。原材料調達から製造・販売・配送の効率化を進め低価格販売の原資とする。
 物流センターは基盤の中国地方に加え、四国までの配送を受け持つ。さらに、店舗で実施している精肉や青果加工の集約化も推進し、運営コスト低減に着手。

大黒天物産社概要
本社 岡山県倉敷市堀南704番地5
設立 1986/6/1
店舗ブランド
・ラ・ムー、ディオ、ディオマート生鮮市場ハッピー、パクパク
売上高 893億6,646円
店舗数   65店
(2011/5/31時点の数値)
・2020年までの長期計画で300店体制
===========
●食彩賓館記事

・大黒天物産 ラ・ムー姫路南店と姫路花田店
・2010/06/28ラムー八幡店でたこやき100円
・2010/09/06ディオ倉敷西店でかき氷100円を食す
・2011/04/17百済寺、ラ・ムー奈良南京終店(仮称)
・2011/05/31 大黒物産 ラ・ムー京終店(奈良市)
・2011/10/06大黒天物産ディオ大東店
Facebook にシェア
LINEで送る