食彩品館.jp

イオンタウン新船橋・マックスバリュ新船橋店のエコ風景と屋上菜園。300m離れてイオンモール船橋・イオン船橋店があります

Pocket

 東武野田線新船橋駅を挟んで西口にイオンモールがあり、東口にイオンタウン新船橋・マックスバリュ新船橋店が出店。両店の距離は300mほどと、完全に内部競合。
もっとも、イオンリテール系イオン(イオン船橋店)とマックスバリュ関東が運営するマックスバリュ新船橋店のグループ内部競合であってイトーヨーカドー等との競合ではないことが救い。
一応、グループ競合なので住み分けをしようと努力しているのはわかりました。また、競合ではなくグループ協働で地域の需要をすべて取り込もうとする意思も充分感じました。

 イオンタウン新船橋は“エコ”をメインにいろいろと工夫されています。
◇「スマートイオン」第2号店
 (1号店はイオンモール八幡東で、3号店がイオン大阪ドームシティ“防災対応型としては一号店”、4号店は12月オープンするイオンモール幕張新都心)
~イオンはこれまで最新の技術や仕組みを導入して展開してきたエコストアに、さらに
“まちぐるみ”の視点を取り入れた次世代エコストア「スマートイオン」の展開をスタート。
地域との協働によるエネルギーの効率化や防災・地域インフラの構築、生物多様性・景観への配慮など5つの基準のすべてを満たした、同プロジェクトを具現化するスマートコミュニティ参加型の商業施設~(ニュースリリースより)

 ということで、詳細は上記ニュースリリースを読まれたし。さすが「宣伝のイオン」。言葉巧みにわれわれ消費者に幻想を、いや理想を想い描かせてくれます。

当方は屋上菜園をまずは確認。さすがにオープンして半年以上経過しているので、9月にオープンしたイオンタウン名西とは違い、野菜が育っていました。
6

これが「フェンスパイプ式壁面生産緑化」なのかと、とりあえず感心。
20

 2階のコミュニティガーデンを確認してから1階のマックスバリュへ。
2

 入口すぐの売場で千葉産落花生を販売していたのでどうしょうかと迷ったが、この後、ららぽーとTOKYO-BAYの千葉県産品ショップへ行く予定があったので、ここはぐっと我慢。
平日ということもあり、客数も少なく、大変寂しい状況でしたが、次世代エコストアの取組みを確認させていただきました。

・オブジェ「かざぐるま」のチェクも忘れずに。
6_2

↓ 森のこもれび
6_3

=====================
イオンモール船橋・イオン船橋店
千葉県船橋市山手1-1-8
℡047-420-7300
開店日(ソフト)  2012/04/17
開店日(グランド) 2012/04/25
営業時間
イオンモール専門店街9:00~22:00
イオン船橋店(1F)食品売場7:00~23:00
イオン船橋店(1F)食品売場以外の売場
       イオンリカー9:00~23:00
イオン船橋店(2・3F)9:00~22:00 
20131122aeonshinfunabashi

===================

●4/12イオンタウン新船橋
   マックスバリュ新船橋店
千葉県船橋市北本町1丁目19番1,90号
敷地面積    約8 ,300㎡
駐車台数       144台
建物延床面積 約5 ,700㎡
商業施設面積 約 3,910㎡ 〔内訳〕
マックスバリュ 約1,900㎡
              物販 約1,200㎡
         サービス 約810㎡
屋上菜園 面積 約550㎡
イベントスペース面積 約200㎡
地上 3 階建

ニュースリリース
開店日          2013/04/12
大店立地記事 2012/06/15(part1記事)
開店日紹介   2013/04/04(part2記事)
訪問日      2013/11/22(part3記事)
↓ 撮影日 2013/11/22
20131122aeontownshinfunahashi
01

Photo_2
・地域と協働してエネルギーの効率化や防災などに対応する機能を備えた
次世代エコストア「スマートイオン」の第2号店。
・「国土交通省 平成24年度第1回住宅・建築物省CO2先導事業 建築物(非住宅)中小規模建築部門」に採択された先導的役割を担うプロジェクトの対象施設
・「マックスバリュ」内の冷凍・冷蔵ショーケースの70%に、千葉県内のスーパーでは初めて、オゾン破壊がなくかつ温暖化影響の少ない高効率のCO2冷媒冷凍機を採用。
ニュースリリース
Photo

Pocket