食彩品館.jp

サークルKミニ名古屋空港店K’s Cafe。K’s Cafeは全国でここだけとなりました。併設カフェとイートインの違い

Facebook にシェア
LINEで送る

 サークルKサンクスのコンビニに併設して、かっては東京と名古屋にあったK’s Cafeも、現在は全国でただ一店のみとなりました。減少の理由はサークルKサンクスからファミリーマートへのブランド変更改装時にK’s Cafeが閉店されるため。

ユニーがドン・キホーテに、サークルKがファミリーマートに併合されてしまうのは致し方ないとして、せっかく導入されたカフェまでなくなってしまうのはどうかなと思いつつ、実はK’s Cafeには使い勝手の悪い理由が1点だけありました。
それは「持ち込み禁止」です。サークルKで購入したパンでさえ持ち込んではいけません。
現在、コンビニにはイートインが設置されているのが普通ですが、イートインはその名の通り、店内で買ったものを店内で食べるために設置されています。今まではどうしていたかというと、家に持ち帰るか、あるいは自動車内で食べるしかなかったわけですが、イートインの最大のメリットは食事場所として設置された施設であり、気が利いている店ではお茶や水のサービスもあったりして自動車内よりは快適に利用することができます。また、ゴミもその場で処分できることも大きいと思います。
難としては他人の目が気になるといったことぐらいでしょうか。
イートインはコンビニを利用する機会を増やすことに貢献しています。
 対して、K’s Cafeはコンビニで購入した商品の持ち込みを禁止しています。純粋にカフェ利用のみに限られるわけですが、イートインコーナーよりは備品も少しだけマシであるが、価格がコンビニコーヒーや軽飲食としては結構、値が張るため、同価格を支払うならば専門店で珈琲を飲んだ方が良いと思うのは私だけでしょうか。

 そんなこんなで、サークルKサンクスからファミリーマートへのブランド変更改装時にK’s Cafeが閉店し、普通のイートインコーナーになってしまうのはコンビニの使われ方を想定すると前述の通り「致し方ない」ということになりますね。

 ということで、最後の1店となったK’s Cafeで珈琲をいただく。
最低価格のK’s ブレンドコーヒーのレギュラーが250円。コンビニコーヒーよりも美味しいとはいえ、スターバックスのようなブランド力による癒し効果は期待できないので、やっぱり250円よりも100円のコンビニコーヒーで良い。
美味しいコーヒーを飲むならば併設タイプよりも専門店へ行く。

 ただ、この店は空港内のため待合客利用があるからカフェ需要はあるのかも知れません。発着便が少ないので私が滞在していた時間帯には客は2人だけでしたが・・・。
=====================
メニュー

(画像はすべてクリックで拡大表示)

====================
●サークルKミニ名古屋空港店
愛知県西春日井郡豊山町大字豊場字岡山1番地1
営業時間
コンビニ 6:15~22:00
K’s CAFE 6:15~20:00
席数: 27席

◇地図

 

Facebook にシェア
LINEで送る