食彩品館.jp

ぬくもりの宿「紬(TSUMUGI,神奈川県足柄下郡箱根町強羅温泉)20年ぶりの箱根の温泉宿は料理と源泉掛け流しにこだわった宿でした。箱根温泉供給株式会社「大涌谷温泉蒸気造成混合泉 2号線」造成温泉。新宿から小田急ロマンスカーで箱根湯本。湯本から箱根バスで早雲山上まで。

Pocket

「大涌谷温泉蒸気造成混合泉 2号線」から引湯して、それを“そのまま”湯船に注ぎ、注いだ分が湯舟から流れ落ちる。これをいわゆる「源泉掛け流し」というと思っているのですが、宿によって、あるいはネット系温泉紹介サイトによっては循環していない温泉を源泉掛け流しと称することもあり、温泉好きの食彩品館.jpを困惑させます。
今回、宿した「紬(TSUMUGI」は、引湯した温泉に加温も加水もせずに“そのまま”湯船に注いで使用しています。
宿のある場所は強羅温泉の上部、大涌谷の手前の早雲山(ロープウェー・バス停)にあります。今回は東京で最後のアカデミックな会議に出席後、新宿から小田急ロマンスカーで箱根湯元まで、箱根湯元から箱根登山バス(乗り場がHP案内と若干変更になっていて途惑いました。要注意)で約40分。
↓ 小田急ロマンスカー

↓ 箱根湯本駅

↓ 箱根湯本周辺

↓ 伊豆箱根バス湯本バス停

ここでホームページに表示されていたバス停番号と行き先が合わないことを発見。J系統「箱根園行」に乗車し、約25分少々で到着。後で知ることになるが、箱根ロープウェイ早雲山駅から大涌谷間が整備工事のため当日は運休。バスが結構、混雑していました。

↓ 伊豆箱根バス早雲山上 バス停

早雲山上バス停から徒歩数分で到着。1泊2食付で土曜日宿泊料金30,350円(税込)。箱根料金ですね。

周囲は大手企業の保養所があり、この宿も元は外資系の保養所。それを改装して

 さて、多くの温泉宿の成分表示を読むと、大抵は源泉地の温泉分析表が表示されています。これに改正温泉法に準じた加温・加水・消毒・入浴剤等の有り無しについて保健所に届け出て、且つ宿で表示をするのが義務となっているわけですが、(食彩品館.jpとして)重要確認ポイントは二つあります。

加水と循環です。

成分表示はあくまでも源泉(すなわち元のお湯)の内容なので、これに加水していたり、循環していたりしたら効能・効果について幾分、減衰するのではと。
ちなみに消毒(義務付けられている自治体もあります)と加温はしかたないかなと思ってます。もちろんきちんと表示してあればという条件がつきますが。ただし入浴剤は論外です。
循環は温泉資源保全の観点からはいたしかたない場合もありますが、加水は温度調整のためならばともかく、水増し的な使い方だとすれば、前述の通り期待する効能について源泉の成分表示よりも効果が減衰することを心配します。
聞いた話(あくまでも“聞いた話”でソースは明かしませんが)、加水率は源泉3に対して水道水・井戸水7とか、源泉1に対して水道水・井戸水9とかの事例があるようです。

今後は、現在の「源泉表示、加水・加温・循環・消毒の有無」に加えて、加水率の表示をしていただけると利用者にとって大変、嬉しいことだと思います。

 食品についてもそうですが、「表示」は大切です。企業、あるいは人としての“姿勢”や“品格”の表れだと思っています。プラス面もマイナス面も正直に、できるだけ正確に表示して、且つ、利用者は冷静に受け止めることが肝要かと。
冷泉に対して加温するなと言ってもしょうがないし、噴出量が少ない温泉に対して加水・循環するなともいえません。死亡事故にもつながるリスクもあるレジオネラ菌対策として消毒が義務付けられている自治体の温泉に対して無消毒は望めません。
要するに、きちんと表示してくれていれば良いだけで、利用者(すなわち食彩品館.jp)はその表示を見て判断するだけ。

★食彩品館.jpの希望する温泉は掛け流し(湯船に注いだ分が湯船から同時に排出)、加水・加温・入浴剤使用無し、消毒無しですが、絶対条件ではありません

 さて、それではこの宿の温泉に使われている「大涌谷温泉蒸気造成混合泉 2号線」はどのような温泉でしょうか。

 

この温泉は特殊な温泉で、大涌谷で噴出する蒸気に、地下水を流し込むことによって造成されています。温泉には主として「単純温泉・二酸化炭素泉・炭酸水素塩線・塩化物泉・硫酸塩泉・含鉄泉・含アルミニウム泉・ 含銅-鉄泉・硫黄泉・酸性泉・放射能泉」の11種類があり、この宿の大涌谷温泉蒸気造成混合泉 2号線は「硫黄泉,硫酸塩,塩化物泉」となります。
ちなみに箱根には自然抽出する温泉と造成温泉があり、全部で14種類の泉質の温泉があるそうです(箱根温泉供給株式会社による)。

 宿の表示によると
★大涌谷温泉 蒸気造成混合泉 2号線仙石原方面
泉質:硫黄泉 酸性―カルシウムー硫酸塩―塩化物温泉(旧泉質名 酸性―含塩化土類石膏泉)
泉温:64.1°C 浴槽 40~42°C
pH値:2.0(あるいは2.1)
効能:神経痛、筋肉炎、関節炎、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進、慢性皮膚病、慢性婦人病、創傷、火傷、虚弱体質

 注目ポイントは成分もそうですが、泉温:64.1°Cに対して 浴槽 40~42°Cという部分。どのように調整しているかと興味を持ったので宿の方にいろいろと話を伺いました。
よどみなく、きちんと丁寧に、且つ、正直に宿の温泉についての姿勢を話していただけました。
要約すると以下の通りです。
・公共交通機関を利用する宿泊者に対して立地的に少し不便なので温泉と料理にこだわっている。
・強羅温泉は大涌谷から比較的近い場所にあり、成分の減衰も少ないと思われるので、源泉をそのまま加水も循環もせずにそのまま使いたい。
・もともとの温度は箱根温泉供給株式会社で蒸気と地下水で混合されて造成された源泉温度は85℃から75℃で、宿に届く時には64.1℃となっています。これを入浴に適した温度である浴槽 40~42°Cに調整している。
・調整方法は二つ有り、ひとつは源泉の注水量の調整(これにより相当量の源泉の排出が強いられる)と、もう一つは浴室の窓の開閉。
・外気温や天候により二つの方法で調整している

 そうか。それで、夜に入った時と明け方に入った時で浴室窓の開け方が違っていたり、泉温が微妙に異なったのか。且つ、宿に届いた時点の泉温が64.1°Cということで、ph2.1の強酸性ということもあって、レジオネラ菌(60℃以上で死滅し酸性の環境では増殖できない)に対する安全性も注ぐ前の時点で担保されている。また、きちんとレジオネラ菌の有無の確認表示もされています。
「昨晩も浴室窓の開閉を調整しました」というご主人の言葉に「畏れ入りました」と答えた食彩品館.jpでした。
泉質についてはこちら(箱根温泉供給HP)を確認願います

 最後に大涌谷で温泉を製造している「箱根温泉供給株式会社」について覚書。
・設立は1930年9月17日。
・仙石原イタリ湿原地帯から総延長2600mの鋼管と三つの貯水池を建設することにより水を確保し、その水を大涌谷に噴出する蒸気(火山性ガス)に通すことで温泉を造成。※温泉法における「温泉」。
・奥箱根(強羅・仙石原)への送湯管(総延長14,500m)により、造成した温泉を供給。現在は揚水能力として日量最大5,000㎥。
・箱根温泉供給㈱の大涌谷温泉は、自然に湧き出てくる温泉と 火山性蒸気と地下水による造成温泉を混合して造成した温泉
↓ 造成温泉の製造方法(箱根町HPより)

箱根温泉供給㈱の造成方法について詳細説明

 温泉法に定められた成分を含む水蒸気に水を注いで造成したお湯は温泉だが、お湯に湯の花(温浅成分)を入れると温泉ではない。この違いが良くわからずに、造成温泉について、イメージとして人工温泉のような受け止め方をする方もいるようだが、大事なのは成分。造成温泉といえども、近年は掛け流し需要に対応できることもあって、成分的には加水温泉よりは源泉の成分表示表の内容に近く、見直しされていると聞く。
いつもは大抵、1~2回入浴で、湯が気に入ると3回入浴しています。結局、夕食前、夕食後、早朝の3回入浴。
宿泊は2組のみのため、男女別の大きな湯船の一つを当方のみの専用としていただいたことに感謝。

~食事編に続く~
=======================
紬(TSUMUGI)
神奈川県足柄下郡箱根町強羅1322-23
・箱根湯元箱根登山バス~早雲山上バス停・・徒歩1分  所要時間約40分
・箱根湯本~箱根登山鉄道~強羅~ケーブルカー~早雲山・・・徒歩7分  所要時間60分

=============================
◇京丹後方面遠征記事
□2010年 京丹後方面遠征記事
2010/04/22スーパーにしがき福来店と下福井店(京都府)
2010/05/07スーパーにしがき14店訪問(京都府)
2010/04/18丹後半島ドライブⅠ(天の橋立~舟屋~蒲入)
2010/04/24京都丹後半島そのⅡ(問人丹後久美浜城崎)
2010/04/25植村直己冒険記念館(兵庫県日高町)
2010/04/27峰山で丹後の旬を堪能。新子イカ、氷魚
2010/04/29京都宮津 富士酢の飯尾醸造表敬訪問
2010/05/01道の駅舞鶴港とれとれセンター(京都府)
2010/05/02西国巡礼成相寺と松尾寺。天田愚案のこと
2010/05/03京都北部のスーパーフクヤ10店ほど訪問
*********************************
□2019年 京丹後方面遠征記事
2019/05/29奥伊根温泉油屋本館(自家源泉)
2019/05/31奥伊根温泉油屋の夕食と朝食
2019/06/06道の駅舟屋の里伊根再訪問記
2019/06/10伊根舟屋群伊根浦公園訪問記

=========================

◆温泉に関する記事

2019/07/15紬(箱根強羅温泉)源泉掛け流し
2019/05/29奥伊根温泉油屋本館(自家源泉)
2019/04/10赤穂温泉赤穂パークホテル(兵庫県)

2019/01/30三保園ホテル(静岡市)冷鉱泉掛け流し
2019/01/27湯ノ口温泉(三重県熊野市)源泉掛け流し
2018/09/28濁河温泉湯元館(岐阜県下呂市)
2018/09/06新湯ノ口温泉(三重県紀和町)訪問記
2017/12/06青森ワイナリーホテル宿泊記(南大鰐町)
2017/06/07大江戸温泉村物語下呂新館(岐阜県下呂市)
2017/04/26紀州南部ロイヤルホテルで温泉。南高梅(みなべ町)
2017/04/21白浜温泉の外湯巡り(和歌山県白浜町)
2017/03/16大江戸温泉物語 熱海伊豆山 ホテル水葉亭
2016/10/11アクアイグニスの温泉棟・宿泊棟について
2016/09/08八方温泉源泉かけ流し。グローリアス(長野県)
2016/06/17礼文島プチホテルコリンシアンの夕食と朝食(北海道)
2016/07/18北国グランドホテル(北海道利尻郡)
2016/05/06アクアイグニス多気(三重県)イオンタウン多気2
2016/03/31玉造グランドホテル長生閣(島根松江市)
2016/03/24三朝温泉(みささおんせん:鳥取県)
2014/01/05 猿投温泉金泉閣と金泉の湯(愛知豊田市)
2013/08/19秋保温泉(宮城県)
2013/06/15きよもん湯(和歌山県那智勝浦町湯川温泉)
2013/06/08紀伊勝浦港(和歌山県)で周辺の風景と温泉宿泊施設。勝浦漁業協同組合 魚市場、勝浦漁港にぎわい市場(朝市)、足湯 海の湯、南紀勝浦温泉 越之湯、南紀勝浦温泉ホテル中の島、ホテル浦島、他
2013/05/04 湯の峯温泉 世界遺産登録の温泉「つぼ湯」入浴。川湯温泉、渡瀬温泉(和歌山県田辺市) 本宮温泉郷。その他周辺の入浴済み温泉施設(龍神温泉、十津川温泉、湯ノ口温泉、入鹿温泉、上北山温泉、小処温泉、南紀勝浦温泉ホテル中の島)
2013/01/03下呂温泉露天風呂(岐阜県)
2010/04/24 京都丹後半島ドライブ。城崎温泉へ(兵庫県)
2009/05/06白浜温泉と南方熊楠のこと(和歌山県)
2008/08/17越後湯沢 雪の宿 高半(新潟県)
2008/07/17温泉のこと(過去からのまとめ的記事)

◇その他温泉行
▼北海道
  ・旭岳温泉  ・白金温泉  ・湯川温泉  
  ・うずら温泉 ・芦別温泉  ・ニセコ昆布温泉  
 ▼東北・越中越後・北陸
  ・大鰐 島田温泉 ・岩手 八幡平温泉

  ・秋保温泉    ・赤倉温泉  
  ・黒部峡谷名剣温泉 ・立山みくりが池温泉 
 ▼関東
  ・鬼怒川温泉   ・塩原大網温泉
  ・伊香保温泉   ・行田温泉  
  ・草津温泉地蔵の湯  ・煮川の湯   
  ・草津温泉西の河原露天風呂 
  ・四万温泉積善館  ・四万温泉湯元長静館 
 ▼信州
  ・上高地中の湯温泉(旧)  
  ・北志賀よませ温泉  ・小谷温泉
  ・野沢温泉  
  ・奥蓼科渋御殿湯   ・奥蓼科渋川温泉
  ・奥蓼科明治温泉   ・稲子湯温泉 
  ・諏訪湖温泉
  ・乗鞍高原温泉   ・乗鞍高原温泉2 
  ・馬曲温泉
  ・白骨温泉   ・新穂高温泉   
  ・志賀ほたる温泉(熊の湯)
  ・地獄谷温泉  ・渋温泉外湯巡り 
  ・湯田中・渋温泉  ・海ノ口温泉 
  ・濁河温泉
 ▼紀州
  ・熊野入鹿温泉  ・熊野湯の口温泉 
  ・田辺 わたらせ温泉 ・田辺 川湯温泉 
  ・田辺 湯の峯温泉 ・湯の峯つぼ湯
  ・南紀 勝浦温泉  ・田辺 龍神温泉  
  ・上北山温泉薬師の湯  
  ・上北山 小処温泉
  ・十津川温泉   ・下北山温泉  
 ▼関西
  ・有馬温泉
 ▼中国
  ・三朝温泉
  ・玉造温泉
 ▼四国
  ・道後温泉 
 ▼九州
  ・鉄輪温泉  
  ・雲仙小浜温泉  ・雲仙小池地獄温泉

================

Pocket