食彩品館.jp

【その9スイス1泊目のホテル事情】エアポートホテルチューリッヒHotel NH Zurich Airport。朝食,リスマークのEichhof (アイヒホーフ)。

Pocket

スイス10日間旅行2019年初夏

2019/07/18スイス旅行まとめページ
2019/07/23レンタルWifルーター使用状況
2019/07/25名古屋空港出国とラウンジ
2019/07/31フィンエア機内設備編
2019/08/02フィンエアビジネス機内食
2019/08/04Mr. Grillhaus,チューリッヒ
2019/08/05ヘルシンキ空港ショップ事情
2019/08/06フィンエアラウンジの利用方法
2019/08/07チューリッヒ空港ホテルとEichhof
2019/08/08ピラトゥス展望台からの景色

============================


 ヘルシンキ空港を1時間遅れで出発。その分、ショップ巡りやフィンエアラウンジでくつろぐことができたのですが、ヘルシンキからチューリッヒまでは3時間弱のフライト。フルフラットのシートの後のエコノミーなので余計窮屈に感じます。片側3人席なので夫婦で窓側に座ると他人が通路側に座ることに。トイレに立ったり、荷物を棚から下ろすのにも「ごめんなさい」をしなくちゃいけない。

それでも旅行期間中にバスや列車移動をした後に搭乗したジュネープからヘルシンキ便ではさほどの苦痛を感じないのだから不思議。

 ヘルシンキを発ってからは機内で空路の確認を自分のiphoneでチェックすることが可能。
↓ こんなかんじ 

おおっバルト海エストニアっ。

ポーランド上空~

とか言っていたらチューリッヒに着きました。
それでは上空からの撮影画像。

↓ ヘルシンキからフィンランド沿岸部

↓ エストニア上空。この後、リトアニア沿岸部も通過。
  バルト三国上空通過感動の理由↓ 

杉原千畝記念館(岐阜県八百津町)

↓ バルト海からポーランド上空。Łebsko湖。白いのは残雪? 

 31年ぶりのチューリッヒ空港。まったく覚えていない。すでに20時を越えているがまだまだ明るい。

↓ 迎えのバスを待つ

空港からバスで15分程度で本日の目的地であるホテルに到着。

この後、腹ごしらえにホテルの隣のバーガーショップへ行った話はすでに紹介済み。
2019/08/04Mr. Grillhaus,チューリッヒ

=====================
Airport Hotel Zurich
(エアポート ホテル チューリッヒ)
 (旧 Hotel NH Zurich Airport)
Schaffhauserstrasse 101, 8152 Glattbrugg, スイス

◇地図

 Dormero Hotel 系列のようです。冷蔵庫無し。スリッパなし。歯ブラシ無し。タオルあり、ドライヤーあり。浴室はスイスのホテルとしては珍しくバスタブあり。お湯はでるが、シャワーヘッドが故障でホースつなぎ目からお湯が飛び出すハプニング。使い物になりません

部屋は広めのホテルですが、ツアー名称の「憧れのホテルに泊まる」という対象ではないようです。

 

 さっさと寝て、翌日からの行動に備える。
そのために寝酒をということでロビーまで降りてビールを購入。眼鏡をつけずに行ったのでラベルの文字をしっかり確認できずにかわいいデザインのビールを購入。5CHF。

↓ 栓を抜きかけてから気づいて写真を撮影

Eichhof ALKOHOLFREI Lager 330 ml Schweiz
なんかおかしいなと思いつつ飲むが、一向に酔ってこない。眼鏡をつけてラベルを見ると「ALOHOLFREI」すなわちノンアルコールビールでした。
この後、このリスデザインのビールをコープでも見かけた。価格は他のビールよりも少し高めで販売されていたので高品質タイプと思われるが、初日の経験からどうもこのビールを飲む気になれず、結局、このメーカーのビールは飲まずに旅が終了。
Eichhof (アイヒホーフ)は翌日に行く予定のLuzern(ルツェルン)のビールで、1834年Brauerei Löwengarten(レーヴェンガルテン醸造所)が発祥。その後、Brauerei Spiess(シュピース)醸造所を経て1922年にLuzerner Brauerei(ルツェルン醸造所)と統合し、Eichhofに移転。Brauerei Eichhof(アイヒホフ醸造所)という名称で現在に至ります。Heinekenグループの傘下になっているようです。
翌日、ルツェルンとピラトゥス展望台の途中で、このビール工場の横の道路を通過しました。

Eichhofビール工場
Brauerei Eichhof
Obergrundstrasse 110
6002 Luzern
◇地図

======================

 朝食はツアー料金に含まれているものの、メニュー表に表示されていた料金を見ると29,90スイスフラン。1CHF≒109.41JPYとすると3,271円の朝食代となります。スイスでは普通の価格だと思うがグーグルマップで表示された宿泊価格の14,000円/泊のホテルの昼食としては日本的な感覚では高いように思う。

・<参考資料>スイスの食

==============================

Pocket