食彩品館.jp

スイス・サンモリッツ連泊。Hotel Reine Victoria (ホテル レーヌ ビクトリア)。部屋からの景色と朝食。バーの親切なおじさんが好印象。サンモリッツの歴史。そして撮影画像は毎日、整理整頓して別ディスクに保管する理由。

Pocket

外観はヴィクトリアだが、宿泊した部屋は「Economyすなわち低価格部屋。

「ビジネスクラスで行く 憧れのホテルに泊まるスイス5大名峰10日間」というツアーに申し込んだが、サンモリッツ散策記事でも紹介したように、宿泊するホテルがすべてが“憧れの”ではない。すべて“憧れのホテル”に宿泊するツアーはビジネスクラスで150万円/人也。今回参加したツアーの倍近い金額。いつも表示にはこだわる食彩品館.jpですが、これはツアー参加前に内容を事前に確認しているので“あなたにとって憧れのホテルかどうかはわからないがJTBとしては憧れのホテルと認識しているホテルにも泊まる”ということであることは了解済みで申し込んだということになります。

 さて、ホテル。歴史あるサンモリッツの、しかも湖に近いバート地区にあるホテルということで、ホテルの部屋も洗面室も結構、広く調度品もそれなりに歴史を感じるものが置かれています。
浴槽はないものの、狭いシャワー室があり、ヨーロッパのホテルらしくビデがおかれています。
 窓からはサンモリッツ湖に注ぐイン川が氷河の雪解け水を運び、
部屋からの景色も美しく、ベランダに出ると上方には標高3000m級の山並を見ることができます。
前泊がチューリッヒ空港近くのホテルであったため、スイスに来た感が希薄でしたが、ようやくスイスを実感することができるホテルに宿泊することができました。4ツ星だけど。

さて、サンモリッツの歴史を「サンモリッツ散策記事」から抜粋紹介。
~サンモリッツは温泉の沸く観光地として古くから利用されていたが、19世紀後半になるとイギリスでリゾート地としての人気が高まり、サンモリッツに最初のホテルが建てられたのは1859年。温泉だけでなく、ウィンタースポーツのリゾート地としても発展し、スイス初のスキーリフトが架けられたのもサンモリッツ。
冬季オリンピックも1928年(第2回)、1948年(第5回)の2回開催されています。1928年の第2回冬季オリンピックサンモリッツ大会には日本人選手が初めて6名参加したものの、1948年は敗戦国の責を問われドイツともども参加ができませんでした。
その他、日本との関係はレーティッシュ鉄道サンモリッツ駅とティラノ駅の日本語看板で紹介した通り、箱根登山鉄道と姉妹提携。そして、私もスキー旅行で訪れたことがある北海道のニセコスキー場がある倶知安町との姉妹都市提携~

 ということで、館内にはオリンピック開催当時のポスターが掲示されていたので記念に撮影。

また、廊下には豪華なイベント冊子も置いてあったりしてこれも記念に持ち帰り。

 部屋には冷蔵庫もミニバーもないため、フロント近くのバーまで生ビールの買出し。カタコトのドイツ語を理解してくれたので嬉しくなって部屋で1杯飲んだ後におかわりを所望しに再び行くと、もう常連を迎えたような笑顔で迎えてくれた。
バーで飲まずに部屋で飲むのは当日の撮影画像の整理と保管のための作業をしているから。
だいたい1日500枚から1000枚程度は撮影するため、日々、ファイル名をつけたりフォルダ分けしておかないと、帰国してから大変だという理由の他に、以前(といっても15年ほど前だが)、アメリカ西海岸旅行でメモリーディスクを紛失してしまって大事な旅行写真を失うという辛い過去があったのです。なので、ファイル名をつけて持参のノートパソコンに保管し、合わせてクラウドストレージにも保管しておくようにしています。
ところが、スイスのネット環境が悪いのか、日本から持参した某社のレンタルWi-Fiルーターが悪いのかは不明ながらクラウドストレージへの画像保管が遅々として終わらない、進まない状況で、クラウドへの保管はあきらめたのでした。

 いつも旅行先では夜の町に出歩くこともなく、そういった作業(当日の撮影画像の整理整頓)をしているのですが、その時は地場のビール片手に地元のスーパーマーケットで購入したつまみで一杯というのがルーチンになっています。
なんにしてもビールが美味しかった思い出は残してくれたホテル レーヌ ビクトリア連泊でした。

 サンモリッツ初日は当初の予定から変更になって氷河特急で夕食を摂り、翌日の夕食はサンモリッツ駅近くのレストランということで、宿泊したホテル レーヌ ビクトリアでは朝食のみ。
この朝食は品目は少ないものの、オムレツを焼いてくれたりして手造り感もなかなか。
ランチもディナーも同じような団体ツアーメニューが続く中、朝食バイキングが一番料理が多く食べられる(#^^#)。

☆朝食

===============================
・Hotel Reine Victoria
(ホテル レーヌ ビクトリア)
Via Rosatsch 18, 7500 St. Moritz, スイス
 HP

◇地図

===========================

スイス10日間旅行2019年初夏

2019/07/18スイス旅行まとめページ
2019/07/23レンタルWifルーター使用状況
2019/07/25名古屋空港出国とラウンジ
2019/07/31フィンエア機内設備編
2019/08/02フィンエアビイジネス機内食
2019/08/04Mr. Grillhaus,チューリッヒ
2019/08/05ヘルシンキ空港ショップ事情
2019/08/06フィンエアラウンジの利用方法
2019/08/07チューリッヒ空港ホテルとEichhof
2019/08/08ピラトゥス展望台からの景色
2019/08/09世界一の急勾配ピラトゥス鉄道
2019/08/10ホテル デザルプ。昼食ルツェルン
2019/08/12ルツェルン観光。カペル橋
2019/08/14ルツェルンからアンデルマットへ
2019/08/15氷河特急乗車。エクセレンス
2019/08/19氷河特急で食事。3コースメニュー
2019/08/21グレッシャーエクスプレスの設備とお土産編
2019/08/23ディアボレッツァ展望台
2019/08/27レーティッシュ鉄道ベルニナ線でイタリアへ
2019/08/29イタリアティラノで買物。軟水・硬水
2019/09/01イタリアのティラノでランチ。ホテル コロナ
2019/09/03イタリアティラノからスイスサンモリッツへ帰国
2019/09/05サンモリッツ湖周辺散策
2019/09/07レストランスタラ(サンモリッツ・スイス)
2019/09/09コープサンモリッツベルビュー店訪問記
2019/09/11ホテルレーヌビクトリア(サンモリッツ)
2019/09/13サンモリッツからユリア峠を越えてマイエンフェルト

~============================

 

Pocket