食彩品館.jp

マイエンフェルトからオーストラリアとリヒテンシュタイン、そしてドイツを眺めてザンクトガレン(St.Gallen,スイス)へ。ザンクト・ガレン修道院ファドゥーツ城,ボーデン湖,ロールシャッハ,

Pocket

 マイエンフェルトの記事で紹介したハイジホフから見上げる山々は、稜線がスイス・オーストリア・リヒテンシュタインとの国境。

高速道路から眺めると↓

 そして、次の目的地であるザンクトガレンへはこの国境を眺めながら北上。

国境はライン川。国境に沿って流れるので「ライン川」。

対岸はリヒテンシュタインやオーストリア国境。
ちょっと対岸に寄り道してくれないかなと思いつつも車はノンストップでツアーが手配した専用パスは進む。

↓ライン川の対岸はリヒテンシュタイン

↓ ファドゥーツ城(Schloss Vaduz)

 リヒテンシュタインの首都「ファドゥーツ」にある城。

これがリヒテンシュタインかぁ~。と感動しながら眺めていたら、しばらくすると添乗員さんが「対岸はオーストリア国境」と説明されて、すでにリヒテンシュタインは右手側のかなたに。
さっそくグーグルマップで確認すると電波の状態が良いのか、マップで位置をしっかり確認することができました。日本から持参のレンタルWifiルーターが役に立っています。(平地と都会は快適動作)

 ライン川がボーデン湖に注ぐあたりはオーストリアで、対岸はドイツ。そして私達はスイスにいます。なんとなく嬉しい。

↓ ロールシャッハ(Rorschach)

 ロールシャッハってあの検査の?と思ってググると違いました。彼とはあまり縁のない土地のようですね。

 ザンクトガレン(Sankt Gallen)に到着。

都市圏人口16万人のスイス東部の町。標高は669mながら、ヨーロッパ全体を覆う熱波のおかげでここも暑い。

 この街の案内をしていただけるという現地ガイドの方が交通事故渋滞に巻き込まれるというアクシデントがあり、約30分程公園で待機。

ガイドさんが合流後、街を案内してもらいながらザンクト・ガレン修道院へ向かう。
↓ VADIAN像

↓ 特徴のある建物の壁。

 17世紀から18世紀に作られた出窓(エルカー)が印象的な街。

繊維業で栄えた当時に富の象徴として作られたという。

奥に見える塔は聖ロレンツォ教会。ネオ・ゴシック様式。


ザンクト・ガレン修道院(世界遺産)

Abbey of Saint Gall,Fürstabtei St. Gallen
St.Gallen-Bodensee Tourismus
Bankgasse 99001 St. Gallen
Phone +41 (0)71 227 37 37

 612年に修道士ガルスによって建立された小屋を起源として、719年に聖オトマールにより修道院として改められ、街の名をガルス(St.Gallus)の名前にちなみ「ザンクトガレン(St.Gallen)」と命名。1983年に世界遺産に登録されている。
現在の建物は18世紀(1755年から1768年)に建てられた後期バロック様式の傑作的建物。現在は学校として利用されている。
修道院敷地内にある大聖堂(Kathedrale St. Gallen)に入る。
聖ガルスや旧約聖書をモチーフとした天井画はヨゼフ・ヴァネンマッハー(Josef Wannenmacher)による。白い柱と黒を基調としながらも重厚な絵のコントラストが印象的。
スイスは山岳風景だけを楽しみに訪れたが、こんなすばらしいバロック様式の建物と天井画を見ることができたのは望外の喜び。

↓ 説教壇

ヨハン・クリスティアン・ヴェンツィンガー(Johann Christian Wentzinger)が中心となって作られています。

↓ 懺悔室
ガブリエル・ローザー(Gabriel Loser)等により制作。木の色と金色や淡い緑色の組合せが妙。

↓ 天井画

GMレンズを持参した成果。良い写真が撮れました

↓ 内部

◇地図

***************************

修道院付属図書館(世界遺産)

(Lapidarium of the Abbey library,Lapidarium der Stiftsbibliothek)
 約17万冊ある蔵書を保有する世界最大級の中世の図書館。現在の建物は1767年に建造。
特別に保存されている書籍を除き申請により閲覧可能。1900年代以降に発刊されたものであれば貸し出しも可能というから驚き。バロック様式のホールと図書室内は残念ながら撮影禁止。図書館へは靴を履いた状態で大きなスリッパを装着して入館する。

図書館入口には9世紀に描かれた建築設計図の見本や写真撮影コーナーも設置されている。

↓ 売店で販売されていたオリジナルビア

 ザンクトガレン観光を終えた私達はウェンゲンへ向かう。

◇資料

===========================

スイス10日間旅行2019年初夏

2019/07/18スイス旅行まとめページ
2019/07/23レンタルWifルーター使用状況
2019/07/25名古屋空港出国とラウンジ
2019/07/31フィンエア機内設備編
2019/08/02フィンエアビイジネス機内食
2019/08/04Mr. Grillhaus,チューリッヒ
2019/08/05ヘルシンキ空港ショップ事情
2019/08/06フィンエアラウンジの利用方法
2019/08/07チューリッヒ空港ホテルとEichhof
2019/08/08ピラトゥス展望台からの景色
2019/08/09世界一の急勾配ピラトゥス鉄道
2019/08/10ホテル デザルプ。昼食ルツェルン
2019/08/12ルツェルン観光。カペル橋
2019/08/14ルツェルンからアンデルマットへ
2019/08/15氷河特急乗車。エクセレンス
2019/08/19氷河特急で食事。3コースメニュー
2019/08/21グレッシャーエクスプレスお土産編
2019/08/23ディアボレッツァ展望台
2019/08/27レーティッシュ鉄道ベルニナ線でイタリアへ
2019/08/29イタリアティラノで買物。軟水・硬水
2019/09/01イタリアのティラノでランチ。ホテル コロナ
2019/09/03イタリアティラノからスイスサンモリッツへ帰国
2019/09/05サンモリッツ湖周辺散策
2019/09/07レストランスタラ(サンモリッツ・スイス)
2019/09/09コープサンモリッツベルビュー店訪問記
2019/09/11ホテルレーヌビクトリア(サンモリッツ)
2019/09/13サンモリッツからユリア峠~マイエンフェルト
2019/09/17マイエンフェルトでアルプスの少女ハイジ
2019/09/19ハイジホフ(Heidihof)ランチ
2019/09/23ザンクトガレン観光。世界遺産
2019/09/25ウェンゲン,ユングフラウ景観

~============================

 

 

Pocket