食彩品館.jp

コープウェンゲン,Coop Supermarkt Wengen(スイス,Swiss)訪問記。観光客向けの品揃えだけでなく生活者対応の品揃えもキッチリ。ミニスーパータイプです。日中の活動中の水分補給のための飲料を購入しただけだが。

Pocket

今回のスイス行で訪れたコープはサンモリッツ、ウェンゲン、ツェルマットの3店。サンモリッツが日本でいうところのSSM(スーパースーパーマーケット)とすると、ツェルマットとウェンゲンはミニスーパーという位置づけでしょうか。

ウェンゲン駅周辺には食品スーパーが2店(Coop WengenとDorflade Wengen GmbH)があり、いずれも午前8時オープンということで早朝需要に対応しています。

ツェルマット同様に観光客を意識した品揃えもあるが、ツェルマットよりも地域の生活者向けの品揃えが多いように感じた。

夕方には観光客と地域の生活者の利用客が5~6人程、レジ待ちをするほど活況。

地域原産のワインやビールを購入し、地元生産のハムやチーズなどの食材をおつまみにしてホテルでチビチビ飲みたいところだが、ホテル滞在時間が短く、さらに部屋には冷蔵庫もないため購入をあきらめる。

というのも、コープウェンゲンの品揃えがどの程度あるのか分からなかったためサンモリッツのコープでビールや飲料を少し多めに調達。
そのビールもホテルの部屋にはミニバーも冷蔵庫もないため次の目的地であるツェルマットにぬるいまま持って行く破目に。

ワインにしときゃよかったとちょっと後悔。

 ということで、この店では昼の活動のための飲料を購入したくらいの買物。

 

=====================

Coop Supermarkt Wengen
Wengiboden 1347, 3823 Lauterbrunnen, スイス
+41 33 856 21 80
営業時間 8:00~18:30

◇地図

===========================
コープサンモリッツベルビュー店の訪問記事から抜粋

 「世界の小売業ランキング2019」によると、1位ウォルマート(53兆円)、2位コストコ(13.7兆円)、3位クローガー(12.6兆円)で、日本のイオンは13位(7.4兆円)、7&iは18位(5.5兆円)と発表されました。
で、スイスの小売業ではどうかというと、上位はミグロが39位(2.6兆円)、コープスイスが44位(2.4兆円)と上位50社に食い込んでいます。ユニクロのファーストリテーリングが56位(1.7兆円)なのでスイスの2社(いずれも生協なので“2社”という言い方はふさわしくありませんね。“2団体”が妥当か)の規模が大きいことが理解できるかと。
今回のスイス行ではミグロでは買物できなかったものの、コープではサンモリッツ、ウェンゲン、ツェルマットの3店で買物することができました。特にコープツェルマット店は31年ぶりということで感慨もひとしお。

 さて、コープサンモリッツベルビュー店はサンモリッッ湖畔の近くにあり、当日はホテル周辺の散策とサンモリッツ湖南岸の景色を堪能した後に寄りました。普通の観光客ならちょっとした食料品の買出し目的でしょうが、食彩品館.jpにとっては旅行の大事なイベントです。
サンモリッツ湖側から事前にグーグルマップに登録しおいたコープに向かいます。
入口がどこか分からず、とりあえず道路から階段を登り反対側へ向かうと玄関らしき入口がありました。
2フロア構成で1階が食品売場と土産品や園芸品売場、2階が雑貨関係という構成です。日本でいうところのSSM(スーパースーパーマーケット)とGMS(イオンやイトーヨーカドー)の間くらいの規模でした。
スイスといえば、世界最大のオーガニック商品市場規模国。食品全体に占めるオーガニック食品の割合は7.7%(2015年実績)で、国民1人あたりの年間購入金額は33,000円。日本の一人当たりの購入金額が960円(市場規模は農水省推計で1,850億円)なので、日本とは桁違いの有機好きな国民であるといえます。
日本にもオリジナル商品を輸出しているミグロと違い、スイスコープのオリジナル商品はなかなか見ることができません。時間がゆるす限りじっくりと見たいということで、家人はお土産品やお菓子などのコーナーへ、私は生鮮食品、日配品、惣菜を中心に売場チェック。
海外のスーパーマーケットは北米、ハワイ、フランス、イタリア、スイス、中国、韓国といろいろ廻ってきましたが、どの国のスーパーへ行ってもその地域に住む方々の「生活」を感じることができますね。
思わず顔がほころんできます。
先日の記事でスイスの生乳はチーズ加工に40%というデータを紹介しましたが、やはりチーズ売場は圧巻です。
ですが、活目はやはり有機関係の商品。昨年もハワイのホールフーズの新店へ行ってますが、食彩品館.jp的が“なんちゃってオーガニックスーパーと揶揄するホールフーズよりもオーガニックPB商品が多い印象でした。
オーガニック系の販売としては「Naturaplan」、「Naturafarm」、「Bio」というオリジナルブランド表示があり、環境配慮タイプの「MSC」やフェアトレードブランドの「Max
Havelaar」といったところがチェックポイント。
実はコープスイスでは地域オリジナルブランド商品「MiiniREGION」があり、今回買物した3店でも探しましたが、残念ながら時間切れで見つけることができませんでした。

↓ ウェンゲンの景色

 

 

=======================

スイス10日間旅行2019年初夏

2019/07/18スイス旅行まとめページ
2019/07/23レンタルWifルーター使用状況
2019/07/25名古屋空港出国とラウンジ
2019/07/31フィンエア機内設備編
2019/08/02フィンエアビイジネス機内食
2019/08/04Mr. Grillhaus,チューリッヒ
2019/08/05ヘルシンキ空港ショップ事情
2019/08/06フィンエアラウンジの利用方法
2019/08/07チューリッヒ空港ホテルとEichhof
2019/08/08ピラトゥス展望台からの景色
2019/08/09世界一の急勾配ピラトゥス鉄道
2019/08/10ホテル デザルプ。昼食ルツェルン
2019/08/12ルツェルン観光。カペル橋
2019/08/14ルツェルンからアンデルマットへ
2019/08/15氷河特急乗車。エクセレンス
2019/08/19氷河特急で食事。3コースメニュー
2019/08/21グレッシャーエクスプレスお土産編
2019/08/23ディアボレッツァ展望台
2019/08/27レーティッシュ鉄道ベルニナ線でイタリアへ
2019/08/29イタリアティラノで買物。軟水・硬水
2019/09/01イタリアのティラノでランチ。ホテル コロナ
2019/09/03イタリアティラノからスイスサンモリッツへ帰国
2019/09/05サンモリッツ湖周辺散策
2019/09/07レストランスタラ(サンモリッツ・スイス)
2019/09/09コープサンモリッツベルビュー店訪問記
2019/09/11ホテルレーヌビクトリア(サンモリッツ)
2019/09/13サンモリッツからユリア峠~マイエンフェルト
2019/09/17マイエンフェルトでアルプスの少女ハイジ
2019/09/19ハイジホフ(Heidihof)ランチ
2019/09/23ザンクトガレン観光。世界遺産
2019/09/25ウェンゲン,ユングフラウ景観
2019/10/01ユングフラウヨッホ駅トップオブヨーロッパ
2019/10/03アイガーグレッチャーからアイガーウォーク
2019/10/07アイガー北壁。3ルートを登る
2019/10/09ウェンゲン散策。スキーワールドカップコース
2019/10/11クライネシャイデックでランチ
2019/10/14ホテルレジーナで朝食と夕食(ウェンゲン)
2019/10/16スイスメイドショップ(ウェンゲン)
2019/10/18ホテル シルバーホーン夕食(ウェンゲン)
2019/10/21コープウェンゲン(スイス)訪問記
2019/10/23シルトホルン展望台と007

~============================

 

 

 

Pocket