食彩品館.jp

バスに乗車したまま貨車移動。カートレイン乗車。スイス,レッチェベルク線(Lötschberg Bahn)カンデルシュテーク(Kandensteg)~ゴッペンシュタイン(Goppenstein)。動画あり。

Pocket

 カーフェリーのように自動車と人を運ぶ鉄道運送方法を「カートレイン」と言うらしい。
特にスイスに限ったことではないが、日本を始め世界各国でも運用されていたり、現在でも運行されている。日本では1985年に旧国鉄が運行開始、その後全国に広がったが現在は中止されている。
今回、乗車したのは、ベルン観光を終えて次の目的地であるツェルマットへ向かう途中、レッチェベルク線(Lötschberg Bahn)カンデルシュテーク(Kandensteg)~ゴッペンシュタイン(Goppenstein)間。

乗車距離14.6kmで所要時間は約20分程だが、そのほとんどはトンネルを通過するため途中、飽きてしまう。

ただし、日本のように小さめの普通車限定だったり、フォークリフトで積み降ろしするのではなく、カーフェリーのように自らが貨車に乗り入れる方式のため、特に大型車はハラハラドキドキして面白い。
今回は動画で撮影したものを簡単にまとめてみたので一見していただければ幸い。
見所は、バスが貨車に乗り込んでギリギリのところを進行する部分。サイドミラーを折りたたんでいるため前方確認しかできず、しかも連結部分で上下左右に揺れるのを運転手が巧みにバスを操るところに注目。それ以外は退屈なシーンが続くことを了承していただきたい。

 ちなみにレッチュベルクトンネル(Lötschberg Tunnel)は1911年開通。1913年より列車運行開始していているようです。

↓ カンデルシュテーク(Kandensteg)駅周辺の景色

◆映像(約6分)

=======================

スイス10日間旅行2019年初夏

2019/07/18スイス旅行まとめページ
2019/07/23レンタルWifルーター使用状況
2019/07/25名古屋空港出国とラウンジ
2019/07/31フィンエア機内設備編
2019/08/02フィンエアビイジネス機内食
2019/08/04Mr. Grillhaus,チューリッヒ
2019/08/05ヘルシンキ空港ショップ事情
2019/08/06フィンエアラウンジの利用方法
2019/08/07チューリッヒ空港ホテルとEichhof
2019/08/08ピラトゥス展望台からの景色
2019/08/09世界一の急勾配ピラトゥス鉄道
2019/08/10ホテル デザルプ。昼食ルツェルン
2019/08/12ルツェルン観光。カペル橋
2019/08/14ルツェルンからアンデルマットへ
2019/08/15氷河特急乗車。エクセレンス
2019/08/19氷河特急で食事。3コースメニュー
2019/08/21グレッシャーエクスプレスお土産編
2019/08/23ディアボレッツァ展望台
2019/08/27レーティッシュ鉄道ベルニナ線でイタリアへ
2019/08/29イタリアティラノで買物。軟水・硬水
2019/09/01イタリアのティラノでランチ。ホテル コロナ
2019/09/03イタリアティラノからスイスサンモリッツへ帰国
2019/09/05サンモリッツ湖周辺散策
2019/09/07レストランスタラ(サンモリッツ・スイス)
2019/09/09コープサンモリッツベルビュー店訪問記
2019/09/11ホテルレーヌビクトリア(サンモリッツ)
2019/09/13サンモリッツからユリア峠~マイエンフェルト
2019/09/17マイエンフェルトでアルプスの少女ハイジ
2019/09/19ハイジホフ(Heidihof)ランチ
2019/09/23ザンクトガレン観光。世界遺産
2019/09/25ウェンゲン,ユングフラウ景観
2019/10/01ユングフラウヨッホ駅トップオブヨーロッパ
2019/10/03アイガーグレッチャーからアイガーウォーク
2019/10/07アイガー北壁。3ルートを登る
2019/10/09ウェンゲン散策。スキーワールドカップコース
2019/10/11クライネシャイデックでランチ
2019/10/14ホテルレジーナで朝食と夕食(ウェンゲン)
2019/10/16スイスメイドショップ(ウェンゲン)
2019/10/18ホテル シルバーホーン夕食(ウェンゲン)
2019/10/21コープウェンゲン(スイス)訪問記
2019/10/23シルトホルン展望台と007
2019/10/25ベルン観光とアインシュタイン
2019/10/28カートレイン乗車でアルプス越
2019/10/31ヴェルディでランチ(ベルン)
2019/11/04ツェルマット~リッフェルベルク

~============================

 

 

 

Pocket