食彩品館.jp

北海道マルシェ岡崎シビコ店(Bistro&Café,愛知県岡崎市)2020年12月13日プレ拡張オープン。隠れ家ビストロ&カフェ。3種のランチから選択。鰆の塩焼き、本マグロのお刺身,ご飯、味噌汁、サラダ、デザート、ドリンク付き880円,。ジンギスカン,ザンギ,サッポロクラッシック,北海道生クリームソフトクリーム,

Pocket

★食べログ記事をアップしました
北海道マルシェ岡崎シビコ店実食記
=========================
カフェのような佇まいはこの店が準居抜き出店(居抜きは前店の機材備品をそのまま活用。“準”は改装出店として食彩品館.jpでは区別しています)のため。

出店後もてっきり食事メニューを提供しないカフェだと思っていました。
岡崎のシビコは月に1回~2回程度は利用します。趣味の革クラフトの材料が豊富な店がシビコに出店しているためだが、その他にも岡崎のリブラのスタジオも月に一回程度、使っているので康生町付近の飲食店は結構、利用する機会が多い。

岡崎シビコ
愛知県岡崎市康生通西2-20-2

 店舗前の看板に定食メニューが表示されているのを発見し、中に入る。
「北海道マルシェ」という店名からチェーン店かと推測したが、姉妹店というか本店が同じ岡崎市に出店しています。
どうやらシビコ店はその店の2号店らしい。

 北海道マルシェという店名から北海道の物産を取り扱っていると思ったが、メニューを見ると、ジンギスカン,ザンギ,サッポロクラッシック,北海道生クリームソフトクリーム,くらいか。

ジンギスカンは生ラムだったら予約して仲間と一緒に食べてもよいかな。
北海道で食べるジンギスカンは美味しいけど、飲食店によってはラム(生後1年未満の仔羊)ではなくマトン(生後2年以上の生羊)を提供している店もあるので要確認ですね。
この店は「ラム肉」を使うようですが、「生ラム肉(非冷凍のチルド)」ではないそうです。

今回は1人利用のため通常のランチメニュー。

今日の日替わりランチ」は3種

ミックスランチ
 三種のチーズのトマトハンバーグ,オムレツ

魚ランチ
 鰆の塩焼き、本マグロのお刺身

肉ランチ
 ザンギ盛合せ

ご飯、味噌汁、サラダ、デザート、ドリンク付き880円

第一回目の実食(2019年12月)

魚ランチ

 鰆の塩焼き、本マグロのお刺身

 量が少ないかわりに品数は・・・・さほど多くない。
小食なのでこれぐらいで丁度良いが働き盛りの成人男性だったら少々、物足りないかも知れません。
サラダはミニバイキングでつぼ漬け付き。
本まぐろは戸井産ではないと思う。


********************************

第二回目の実食(2020年2月)


肉ランチ

 ザンギ盛合せ

 「ザンギ」は北海道釧路周辺で愛される郷土料理。
発祥は「鳥松」という店。
「炸鶏(ザージー)」からの造語。
(からあげ)
鶏肉の唐揚げだが、粉にしっかりと味をつけて揚げているので、基本は後で調味料をつけなくても良いのが基本。
とはいえ、「ザンギ」と「唐揚げ」の区別はつかない。
そういったことを知らないと、今回だされた「ザンギ」から、「唐揚げを焦がしたのがザンギ」と思ってしまうかもしれない。
ザンギはタレがしっかりついているので焦げてしまう。

それでもこれはイカンと思います

 閑話休題

 「北海道マルシェ」という店名から期待したのは「鵡川の本ししゃも(メス)」、「噴火椀のガゴメ」、「オホーツクの当日朝茹で毛蟹か花咲ガニ」、「礼文島の生のバフンウニかキタムラサキウニ(ミョウバン無し)」、「羅臼の鮭児か時鮭の大型魚」、「根室野付のホタテ貝」、「厚岸の牡蠣やサンマ」「羅臼のブドウエビやホッカイシマエビ」。
珍魚では「ごっこ(ホテイウオ)」、「カスベ(アカエイ)」
せめて透明の活イカは必須でしょうか。

 久々に寒い時期の北海道に行きたくなった。

ところで、2020年12月13日にリニューアルオープンという告知か出ていた。
正式オープンは3月らしい。
既存店隣接のスペースを食事場所として拡張するらしい。

↓ 左側にイートインスペース拡張。右側が既存。

◇資料

=======================

北海道マルシェシビコ店
岡崎市厚生通西二丁目20ー2岡崎シビコ1階
℡0564-47-7587

「2020年2月13日プレオープン」
「3月オープン」となっています。

********************************

北海道マルシェ 北岡崎店
愛知県岡崎市井田南町7-13
 電話: (0564) 64-7541

================================
◇北海道遠征に関する記事

北海道礼文島と利尻島に各一泊する旅2016年6月~7月記事
その1 念願の食品館あいざわさん訪問記2016/06/08
その2 セイコーマート利尻店・稚内駅前店訪問記2016/06/09

その3宗谷岬からサハリン,間宮林蔵,最北端2016/06/10
その4ゲストハウス アルメリア(稚内市)宗谷黒牛ハンバーグ2016/06/13
その5礼文島観光。ホテル周辺と北限の夕陽2016/06/15
その6礼文島プチホテルコリンシアンの夕食と朝食2016/06/17
その7礼文島久種湖散策(クロユリ、他)2016/06/20
その8礼文島ストコン岬(チシマフウロ、利尻昆布ソフト他)6/21
その9レブンアツモリソウ群生地(礼文島)6/22
その10礼文島スカイ岬(イワベンケイ雌,ネムロシオガマ)6/23
その11礼文島桃台・猫台,金環日食観測記念碑6/27
その12海鮮処「かふか」でキタムラサキウニ丼と海鮮丼6/30
その13JF香深マリンストア(北海道礼文島)漁協直営スーパー7/1
その14姫沼(北海道利尻島)利尻富士と植物7/5
その15オタトマリ沼(利尻島)、利尻甕一、リシリアザミ7/7
その16仙法志御崎公園(利尻島)ゴマフアザラシと昆布ラーメン7/8
その17稚内港,JR稚内,稚内公園,ノッシャプ岬<野寒布岬>,稚内北防波堤ドーム(北海道稚内市)。雨の中の最北端近くを観光
その18稚内空港公園メグマ沼,稚内市大沼野鳥観察館でオジロワシ
その19「日本料理 雲海」ANAクラウンプラザホテル稚内ランチ弁当
その20北国グランドホテル(北海道利尻郡利尻富士町)夕食と夕日
その21夢食館北市場(稚内市)ツアー無料提供の毛ガニ、イクラ、ホッケ
その22礼文~利尻~稚内旅行時のフェリー行程4時間20分
その23北海道産の昆布について覚書。真、利尻、日高、羅臼、長、細目、厚葉、がごめ、天然・養殖促成等々
その24北海道からお勧め商品が届く7/26

=======================

Pocket