食彩品館.jp

飛鳥鍋ではなく「飛鳥路旅の味セット1,200円」にゅうめん,柿の葉すし,自家製わらび餅,巻柿。めんどや(奈良県)

Pocket

★食べログ記事をアップしました

めんどや(奈良県)飛鳥路旅の味セット
=======================

 明日香村や奈良県に伝わる郷土料理がいただける老舗の食事処。

駐車場は店の裏手にあるが、店手前の坂道を裏側に登った場所。
店側からいうと2階の裏手に位置する。
駐車場からは階段を降りて1階玄関より入る。

 入口付近で土産物を販売し、奥にテーブル席等

牛乳と鶏肉のダシで味わう飛鳥鍋(要予約、1人前3,780円~)もある。

飛鳥鍋は以前、明日香村の「農村レストラン夢市茶屋」で食している。

↓ ・2018/03/06明日香の夢市

飛鳥鍋御膳 1,080円


 話を戻して「めんどや」メニュー。

壁に表示されたメニューを眺めると
・「天ぶら定食1500円」
・「体にうれしい日替わり昼膳1,100円」
・「柿の葉定食1,000円」は具だくさんにゅうめんと柿の葉寿司。
・「わらび餅定食1,000円」は具だくさんにゅうめんとわらび餅

 この店の特徴は「自家製」のこだわり。

そして地元食材か。

さてなんにするかと迷うがせっかくなのであれこれ食べることができる「飛鳥路旅の味セット」にすることに。
セットに含まれる「にゅうめん」を「よもぎにゅうめん」にすることも可能だが、セット価格1500円。

飛鳥路旅の味セット 1,200円

具だくさんのにゅうめん

 そうめんの産地でもある大和地方では冬に温かいそうめん、すなわち「にゅうめん」を食す。
いろいろな土地でもにゅうめんを食すが、三輪山麓が発祥地とか。

にゅうめんは「入麺」あるいは「煮麺」とも書くが、麺にダシをかけるだけでなく、煮立てるのも特徴。

ミニサイズながら野菜がたっぷり乗せられているので結構、ボリュームがある。

胡麻豆腐が嬉しいねぇ。

これも自家製

味は薄味だが、しっかりと旨味成分が含まれていて奥が深い味に仕上がっている。
良いですね。

手作り柿の葉ずし(3ケ)

 具は サバサーモン

 竹製の器の形が面白い。
これもこの店の自家製だろうか。

 柿の葉寿司は普通、柿の葉を使うが、この葉はなんだろうか。
 正月だから「ゆずり葉」だろうか。
 店の方にうかがうと「この季節は柿の葉がないので柑橘の葉を代用している」。
 なるほど。

菓子

 おおっ柚子巻柿だっ。

これは嬉しい。これも自家製のようですね。
 美味い。

自家製わらび餅

 葛餅ではなくわらび餅。

原料がわらびの地下茎なのがわらび餅で、葛から作るのが葛餅。

 安価なわらび餅の主原料はタピオカだが、これは本物の蕨粉。

 美味いねぇ。

・季節のフルーツ

 柿の葉はないけど柿の実はあるようですね。

==================
めんどや(奈良県)
奈良県高市郡明日香村岡40
℡0744-54-2055
営業時間 11:00~売切れ次第終了
明日香村観光ポータルサイト店舗ページ

===============================

 ◇郷土料理に関する食彩品館.jp記事一覧

2008/11/15めはり寿司とさんま寿司

2010/10/09四郷串柿の里(和歌山県伊都郡)

2012/09/04ふるさと茶屋おかげさん(熊野市)

2012/11/17神岡とんちゃん(飛騨市)

2013/09/20岩清水豚のヒレカツ丼(尾呂志)

2014/05/17八丁味噌料理(岡崎城)

2014/06/09手こねずしと伊勢うどん(鳥羽市)

2016/06/30キタムラサキウニ丼と海鮮丼(礼文島)

2017/09/13九鬼水軍虎の巻,かます姿寿司(尾鷲)

2017/09/20伊勢志摩の海藻あらめ

2017/12/06青森ワイナリーホテル(大鰐)

2018/01/05八幡平マウンテンホテル(岩手県)

2018/03/06明日香の夢市(奈良県明日香村)

2018/07/28エッグズシングズワイキキでパンケーキ(ハワイ)

2018/08/04マハロハバーガーワイキキ店(ハワイ)

2018/12/31恵那鶏ケイちゃん定食(加子母)

2019/02/17天極堂奈良本店葛餅セット

2019/12/09ヘボめしとイナゴ(小原村)

2020/01/01越前ガニ特大サイズ(南越前町)

2020/01/23スイス10日間の旅で食した郷土料理

2020/01/27川田商店(滋賀県近江八幡市)

2020/01/30銀さば寿司とさんま寿司(紀北町)

2020/02/04紀北のほおば寿司押し寿司

2020/02/23飛鳥路旅,めんどや(明日香村)

Pocket