食彩品館.jp

加賀棒茶スタウト(オリエンタルブルーイング,石川県金沢市)シングルホップシトラ,湯涌ゆずエール,きまビール,石浦神社,ホワイトエール,

Pocket

 金沢でクラフトビールが飲める店をということで、2016年創業&オープンというから、まだ歴史としては新しい。

オリエンタルブルーイング東山店
石川県金沢市東山3丁目2−22

(オリエンタルブルーイングHPより)
◇地図

2020年4月現在は東山・香林坊・金沢駅に直営店があり、国産ビールのみで、8種類を提供している。

 

 今回購入した商品「加賀棒茶スタウト」はオリエンタルブルーイングの湯涌温泉地区にある醸造所で製造したビール。

湯桶醸造所

(オリエンタルブルーイングHPより)

オリエンタルブルーイングの醸造ビールの銘柄は定番3種に非定番1種。

加賀棒茶スタウト

(オリエンタルブルーイングHPより)

シングルホップ シトラ

 金沢の軟水で仕込んだセッションIPA。

湯涌ゆずエール
 金沢市湯涌温泉地区の「金沢ゆず」を使用したフルーツビール。

きまビール
 無濾過非加熱のホワイトエール。隠し味に山椒を使用。酒の神様「石浦神社」キャラクター「きまちゃん」をモチーフに。

(商品画像はオリエンタルブルーイングHPより)

 それでは購入品。

加賀棒茶スタウト

加賀棒茶を使用し、香ばしさとほのかな酸味が特徴の黒ビール。
原材料:麦芽、大麦、ホップ、加賀棒茶 アルコール分:5%
インターナショナルビアカップ2018銅賞受賞

 一般のほうじ茶は茶葉を焙煎するが、棒茶は茶の茎を焙煎したもの。棒茶は明治の頃、金沢が発祥地とされ、通常のほうじ茶は2番茶や3番茶を焙煎することに対して、加賀棒茶は1番茶を使うことがあるという。
葉を使うほうじ茶よりも茎を使う棒茶は約1.5倍ほど焙煎香があるというデータが石川県茶商工業協同組合で紹介されています。
↓ 棒茶

 ということで、焙煎大麦と加賀棒茶という組み合わせによって、香ばしいスタウトになっている
香りだけでなく、すっきりとした飲みやすさもあり、黒ビールが苦手な食彩品館.jpもこれはイケる。

他のビールも試したくなったが、

それよりも現地に行きたい

家人から金沢日帰りJRツアーを提案されている。

何回も行っている金沢なのでちょっと迷っていたが、オリエンタルブルーイングは金沢駅にも店があるようなので、ぜひとも各種飲み比べしたい。

 神様。どうか早く騒動が収まりますように。

*******************************
◇資料

 

=================================

ビールに関する記事一覧

2020/04/28ブルックリン・ディフェンダー・IPA

2020/04/24加賀棒茶スタウト(オリエンタルブルーイング

2020/04/13ブルックリンソラチエース

2020/02/06エチゴビール紅茶IPA

2020/01/23フィンランド,スイス,イタリア,フランス食事とビール

2017/04/28ナギサビール新工場見学(和歌山)

2017/08/26南信州ビール味わい工房(長野県)

2013/02/04ベアードブルーイング

2008/09/10ヱビス三昧とビールの思い出

2008/08/19越後湯沢駅ぽんしゅ館(新潟県湯沢町)

Pocket