食彩品館.jp

某大手ネツトショップで注文したらいろいろと勉強になったことを覚書。注文する前に確認することの追加。国際郵便。

Pocket

 ネットショップを利用しているといろいろと気付くことがある。

まず、会社住所電話番号の確認、ホームページメールアドレスドメインの種類を確認。

大抵はこれで怪しいサイトであるかどうかある程度判別できます。
とはいえ、高額の買物の場合はなかなか個別サイトで注文するのは不安。
そうなると、不具合が発生した場合に対応が期待できる大手ネットショッピング利用ということになるが、大手の場合でもいろいろと確認しておくべきことがあります。

まず、「どこから発送されるか」これが一番、重要

特に今回のような新型コロナ騒動渦中に物流が滞りがちな海外からの商品調達は避けたい

また、「何時届くのか」も大事。目安日数と実際に届く日数が乖離している出品社は利用者間の情報共有が頼りなので評価欄のコメントをよく確認しなくちゃいけません。

「土日休業」とか「3から5日後発送」でも躊躇するが、1週間以上かかる場合はたいてい海外発送なのでパス。
もちろん、2020年3月以前は海外からの発送であっても、さほど急がない場合は気長に待つつもりで注文することはあった。

↓ ヨーロッパから個人輸入した記事
トレッキンでマムート個人輸入

 4月以降は航空便が減便されているので、発送国において通関後の空港での待機日数が増えているため、海外発送の商品とわかったら注文はしない方が賢明。
また、「予約商品」は基本、注文することはないが、時折、魅力的な商品だったりすると、うっかり注文してしまうという信念の無さもあったりする。

 続いて、購入者の評価を確認してトラブルがないかどうかの確認。
やらせ?の多い評価の高いコメントは無視して評価の低いコメントのみを確認

たまたまのトラブルなのか、商品独自、あるいは出品社、物流社の問題なのかを確認。
悪い評価にも真摯な返信をしている出品社であるかどうかも大事。

 ということで、面白そうな商品を発見したので某大手ネットショップで買物した話が以下に続く。
前述のようにいろいろと確認しながら注文しているが、今回は失敗談というか、確認不足のため商品到着まで1ケ月程度かかり、その間、どこをさ迷っているかまったく分からず、結構、ハラハラドキドキして商品を待った体験談。

 注文確定が4月12日4月14日発送連絡が届くも、自宅到着は5月12日

4月14日の発送連絡時に配送会社の追跡番号が送られてきているが、とうとう最後までその配送会社の追跡サイトでは「登録なし」表示のまま。
すなわち、32日間は行方不明のまま経過。
注文後に追記された他者の評価コメントを見ると、4月初旬発注で3週間、それ以降は1ケ月程度かかっていることがわかってきたので出品社には問合せすることはしません。

 到着後に添付されていた国際郵便番号(日本郵便)で検索すると中国郵便局引受が4/24で中国国際交換局到着が4月30日。
即日、手続きされるも,郵送順番待ちで日本交換局(東川崎)到着は5月11日。
翌日5月12日に自宅到着。

発注から到着まで32日間。内訳は中国国内で18日間(内、税関到着まで16日)、中国国内航空便待ちで12日間日本滞在はたったの2日

 4月初旬のヨーロッパ(オランダ)からの国際郵便物が発注から到着まで通常2週間のところ、3週間かかっているので、航空便が激減便し、貨物の多い中国発送だと一か月以上、あるいは届かないかもと思っていたが想定より早く無事到着。

ただし、このコロナ騒動の影響時に海外から輸入するつもりは当初よりありませんでした。
海外発送と知っていればこの時期に注文すればどうなるかは予想がつくので注文はしなかったでしょう。

以下、反省を込めて自戒覚書として記す。

まず、当方の失敗は会社住所からの発送と勝手に思ってしまった。
・東京銀座の会社住所はバーチャル又はレンタル事務所で実際の発送業務は海外。
※住所検索で実在住所であることは注文前に確認。
海外発送方法について事前に問い合わせて確認しておくべきだった。

続いて、注文2日目に「発送連絡」があったことを迂闊にも真に受けてしまったこと。
・日本の会社の国際追跡番号が送られてきたが、それでは発送・通関完了を追跡できなかったし、最後まで未登録表示だった。

注文確定2日後の4月14日発送という連絡だったが実際に最初の中国内郵便局引受は4月24日だった。

実に10日間も彷徨っていたようだ。

あるいは、発送連絡さえしておけばキャンセルの発生が抑止できるということか?という疑念。

 中国内国際交換局到着まではさらに6日間。
これは中国国内事情もあるのでいたしかたない。
ただし、交換局到着後の処理(すなわち税関通過)は即日というのは逆に意外。

ここから通関後、中国内で11日間待機だが、これは4月初旬のヨーロッパとほぼ同じ。
合計すると発送連絡があった日付から、中国国内で30日かかっていたことになる。

 到着を待っている間にも、サイトの商品評価コメント欄には次々と、「届かない」や「ようやく届いた」という低評価のコメントがアップされる。
こりゃ、出品者に問い合わせても埒が明かないと思い、静観することに。

こうなると、トラブルが大きくなることをちょっと期待していたら商品が届いてしまった。
購入した商品だが明らかに注文時のコメントと違う仕様の商品が届く。

なんともまあ。
もう笑うしかない。

=================================

Pocket