食彩品館.jp

ANAP(アナップ)と懐かし系のお菓子でコラボ。たまごボーロ,「お菓子はファッション」「ワクワク感」。コンフェックス共同開発。スパイラルガール,クリート,保存料・合成着色料不使用。為体(ていたらく)。

Pocket

 何故、たまごボーロ?。
もしや食彩品館.jpに孫誕生?
と、思われた方。
残念ながら、当方、還暦過ぎても二人の子供にはその子供がいない。
購入したのは売場で「ANAPコラボ」というPOPを見かけたのがその理由。

恥ずかしながら「ANAP?」という為体。

 さっそく、検索すると「菓子食品総合商社 コンフェックスとファッションブランド ANAPのコラボ商品が新発売 」というニュースリリース(2019/10/04)発見。

 コンフェックス株式会社(本社:東京都渋谷区)は売上高2,507億円(平成31年3月期)の菓子食品総合商社。

 ニュースリリースによると、ANAP(アナップ)は全国に32店の直営店、自社オンラインショップやZOZOTOWN等でのネットショップを展開している。
驚くのはANAP会員登録数はオンラインショップ103万人、メールマガジン登録数42万人、LINE88万人というボリューム。

スゴイね。若者向けのブランドの力は。

 両社が共同開発したのは、かりんとう、たまごボーロ、鈴カステラ等全17種類を共同開発。

ポップでキュートなパッケージなデザインながら、原材料には保存料・合成着色料不使用というこだわりも。

 コンフェックス社はストリートカジュアルファッションのSPIRAL GIRL(スパイラルガール)ともリップ型グミとラインストーン缶ラムネでコラボしていて、「お菓子はファッション」という同社の考え方もあり、どちらかというとオールドタイプの懐かしい菓子でトレンドへの取組をしているのがユニーク

 いゃあ。知らないこと多いね。

ちなみにカネスエ系フェルナで購入。

=====================

Pocket