食彩品館.jp

手づくり工房山遊里(やまゆり,香恋の里,愛知県豊田市下山地区)香恋チキン(ムネ肉)を購入したが・・

Pocket

手づくり工房山遊里は愛知県豊田市下山地区にある。

山遊里と同じ下山地区にある香恋の館を運営しているのは第三セクターの「香恋の里(かれんのさと)」。

いずれも滞在することを意識して作られた体験型施設

下山地区。以前は愛知県東加茂郡下山村で2005年に稲武、小原、藤岡、足助、旭町と一緒に豊田市編入。面積が愛知県の17.8%を占める大きな市となました。

愛知県では名古屋市に次ぐ人口豊田市の人口は約42万5千人(2020年4月)で、下山地区は4,349人。

山遊里」と書いて「やまゆり」と読む。

山里で遊ぶという意味と、地域で咲くやまゆりのダブル・ミーニング(double meaning)名称。
The Beatlesが“ Beat(リズム・拍子)”と“Beetle(かぶと虫)”のふたつの意味を持つ名前をジョンレノンが思いついてつけたのと同様に、旧下山村で、立ち上げ時にどなたかがダブルミーニングを意識して命名されたのだと推測。

かっては両館で100万人を下山村に集客したという記録が残っている。
当時は珍しかった体験型施設や地域の物産販売施設だったが、現在は周辺にも同じような施設や直売所が設置されて観光客の支持は減少傾向にあるというのが残念。

 今回、購入した「香恋チキン(ムネ肉)」奥三河産の鶏肉を使用しているということ以外に特徴が良く伝わらないというのが欠点かと思う。

添加物も通常レベルで使われているし、鶏肉の特徴も、生産地以外のこだわりは伝わってこない。
こういう地場産品は食彩品館.jp的には以下のような特徴をアピールしていただくことを希望する。

1.この地ならではの品種選定

2.できればブロイラーではなく在来種由来の血統鶏を選定

3.安全・安心のために特化された肥育技術と製造方法の説明

 地産地消以外のこだわりをいくつアピールできるかが他産地との差異化になるのではと思っています。

ちなみに購入場所は刈谷おあしすファーム。
商品はおいしくいただほきました。

======================
山遊里
愛知県豊田市羽布町柿田15-1
℡0565-91-1186
営業時間 午前10時~午後5時
定休日
毎週水曜日(祝日の場合翌日)
↓ 山遊里と香恋の館

===========================

 ■加工肉・ハム
2020/07/07山遊里香恋チキン
2020/07/01デンパークハム工房安城ハム
2020/07/01プレスハム特集
2020/05/29美河ハム(愛知県豊川市)
2019/05/14伍魚福お箸で食べる生ハム
2019/03/26平牧金華豚の生ハム
2018/10/15アオキスーパーららぽーとで明方ハム
2018/08/24デンパークで安城ハム購入
2017/08/22すずらんハウス(長野県駒ヶ根市)
2017/07/13奥美濃古地鶏プレスハム
2015/12/04明方ハムコープ仕様
2015/05/06山のハム工房ゴーバル(串原村)2
2015/02/12長崎浪漫工房骨付ハム
2015/08/06美濃ヘルシーポーク明方ハム(岐阜県)
2014/07/21山里農園イベリコ豚生ハム
2014/03/05山のハム工房ゴーバル(串原村)1
2014/01/07明方ハムボロニアソーセージ
2012/12/23仙石ハム,いがや美崎店(大津市)
2012/08/12ZiZi工房スペアリブとソーセージ(豊田市)
2011/09/02スーパー三心のプレスハム
2011/06/01JA郡上加工事業所直営店(明方ハム)
2009/09/15明方ハムJAとれった広場可児

****************************

Pocket