食彩品館.jp

道の駅南信州うるぎ(長野県下伊那郡)少年とバイオリン。滝一平朗読とメニューイン演奏CD。うるのすけ。うるぎふるさと館と資料館。木馬(きんま)。四代目月の家圓鏡。お歯黒鉢,平流乾燥電気装置(マッサージ機),さるのこしかけラーメン。たかきびまんじゅう。

Pocket

☆2020/08/06の愛知県緊急事態宣言前に訪れています。

2020年夏 三遠南信の旅

2020/08/24天龍温泉おきよめの湯(天龍村)

2020/08/25辛コレ(トキタ種苗)と世界一辛い

2020/09/08向原蓮の池(長野県売木村)

2020/09/22道の駅南信州うるぎ少年とバイオリン

2020/09/24重点道の駅信州新野千石平

2020/09/26信州澤志庵蕎麦(天龍村)

2020/09/26信州サーモンの刺身【絶品】

=====================

道の駅南信州うるぎ(長野県下伊那郡)


お土産品の販売や農産物直売所、そして食堂がある「ふるさと館」、そして地域の民俗資料館的な「うるぎふるさと資料館」が隣接併設。
 

まずは「うるぎふるさと資料館」から。

以前見た資料には「入館料200円」となっていたり、見学希望者は事前連絡が必要といった案内をみかけたが、当日は無料開放されていたので、ちょっと見学。

当方、法学部出身ながら、専門が法制史で、特に近世の日本法制史をちょっとだけかじっておりました。
法制史は民俗文化との関わりが深く、各地に出かけ、民俗資料館があると必ず訪れて各地域の風土性を感じるのも趣味としています。

 展示品は近世から近代にかけての調度品や農具などお馴染みの展示品があり、中には初見のお歯黒鉢電気式マッサージ機なんかもあり、大変、興味深く拝見させていただく。

特に説明書きはなかったが、マッサージ機は明治期に医療器械として使われていた「平流乾燥電気装置」ではないかと思う。
同じ長野県の木祖村でもほぼ同型の機器があったと記憶している。

「土用の丑」発案で有名な平賀源内のエレキテル(摩擦起電器)を発展させた医療機器だが、実物にお目にかかるの初。

当方にとって懐かしい木馬(きんま,木橇)も展示されていて、幼い頃、親戚の叔父さん手作りのきんまで山のスロープ(木馬道)を遊びで滑ったことを懐かしく思い出す。

近世・近代以外の収蔵品として、四代目月の家圓鏡さんの扇子や手ぬぐいも展示されていました。

落語協会ホームページによると四代目(wikiでは6代目と紹介)月の家圓鏡さんは長野県出身。
後に8代目橘家圓蔵を襲名した三代目月の家圓鏡(wikiでは5代目と紹介)に弟子入りし、その円鏡を継ぐ。
四代目(wikiでは6代目と紹介)は売木村出身のようで、落語会も当村で開催されています。

我々の世代(還暦以上)にお馴染みなのは「節子さん」で一世風靡した三代目月の家圓鏡(wikiでは5代目)さんだが、うる木村のご出身は当代の月の家圓鏡師匠です。
ややこしや~。

↓ 「うるのすけ

 

続いて「ふるさと館」。

食堂のメニューを眺めていたら「さるのこしかけラーメン」という表示に注目。
あの「サルノコシカケ」を使用?と思ったら、店名が「kitchenさるのこしかけ」ということで命名したようです。残念。

店内には農産物や「たかきびまんじゅう」などの地元商品の他、Tシャツやエコバッグなどの当駅限定商品も。


 そして「少年とバイオリン

CDの音源は、2019年にオリジナルマスターからDSD11.2mHzによりマスタリング。

ジャケットイラストは書籍同様に宇野亞喜良氏(名古屋市出身)。

メニューインの演奏とは別に「少年とバイオリン」作者の滝一平さんの朗読も収録されている。

滝一平さんは芸名・ペンネームで、本名は売木村のお食事処「ありがとう」の先代ご主人である鈴木多喜夫氏。
彼は当時の報道資料から実話をもとに物語を創作し、それを自身で朗読してテープに残した。
本は朗読テープから書き起こされ、出版された。

 ユーディ・メニューインの初来日コンサートは1951年(昭和26年)9月18日で演奏会の場所は日比谷公会堂。
当時を象徴する人物が二人来賓席に。吉田茂首相とリッジウェイGHQ総司令官。

メニューインがその名器ストラディバリウス(彼の実際のメインの愛器はグァルネリ・デル・ジェスだが、感動の文章を残した小林秀夫氏の記述に配慮し、とりあえずストラディバリウスとしておく。もしかすると日本で弾いたのはストラディバリウスかもしれないし)から引き出す美しい音色を期待したが、音楽専用会場ではなかったこともあり、当時の専門家からは不評だったという。

それでも会場の不具合やヨーロッパとは違う湿度の高い環境の中でも、高い技術力で音を修正して演奏を終わる頃には聴衆を魅了した。

その来日コンサートは全国で26回開催され、そのコンサートの一つである佐世保公演会場には一人の少年がいた。
彼は戦争で父を失い、病気で弟を失い、残された母親と2人で博多で暮らしていた。
生活費を稼ぐのに苦労していた母親を少しでも助けたいと少年は靴磨きの仕事で得たお金を家計の足しに。
それでもいつかバイオリンを買うというのが彼のささやかな夢でした。
彼はかって小学校で松田先生と出会い、バイオリンのすばらしさを教えてもらっていたのです。
松田先生は音楽学校を出てプロの演奏家を目指していたものの、戦場で片足を失い、そして弦を押さえる左手にも障害を負っていた。
教えてくれと頼まれた松田先生の方が嬉しそうであることが印象的なシーン。
その松田先生とも空襲で離ればなれになってしまった。

 ある時、病気になりながらも、音楽への情熱を心の支えにすることで、くじけそうな自分を鼓舞し、立ち直ることができた。しかし体に障害が残ってしまった。
そんな時にメニューインのコンサートが佐世保で開催されることを知ったのでした。
病気で不自由になってしまった体ながらも、毎日2時間多く働き、その多く働いた分だけをコツコツ貯めることにした。
彼は毎日少しづつ稼いだ日銭をチケット売場の女性に預けていたが、とうとう安い席の入場券分の500円を貯めることができた。
チケット売場の女性が涙を流しながら彼に手渡した入場券は高い方の800円の席だった。
彼女は不自由な体で毎日、遅くまで働き少しづつお金を貯める努力に感動して彼に300円分高いチケットをプレゼントしたのでした。
 コンサート会場で聴くメニューインのバイオリンの音色は素晴らしく、かって松田先生に教えてもらった曲も含まれていた。
感動冷めやらぬ中、夜遅く彼の家に突然訪れた紳士から、翌日博多駅のホームまで来るようにと伝えられた。
よくわからないまま駅のホームに行くとメニューインがいた。
彼はチケット売場の女性から少年の話を伝え聞き、是非とも会いたいと言い出したらしい。
夢にまで見たメニューイン本人とも直接出会うことができ、さらには後日、メニューインから素晴らしいプレゼントが自宅に届く。
彼はバイオリンをメニューインから贈られたのでした。

さらに続きがある。
その後も靴磨きを続けていたが松田先生と再会することができ、二人で涙ながらに喜ぶところで朗読が終わる。この再会時の少年の行動が感慨深い。

 今回、購入したCDは少年が聴いた佐世保公演の演奏リストから選曲されているが、音源は別で、さらに前述のようにリマスター化されている。

作者の滝一平氏の朗読もさることながら、当方としては、ベーラ・バルトーク:無伴奏バイオリン・ソナタが入っているのが嬉しい。

ハンガリーからアメリカへ亡命していたバルトーク。メニューインからの援助に対する返礼として作曲したソナタ。
メニューインは戦時下だけでなく、旧体制のソ連において迫害されていた音楽家への支援を忘れなかった。そういう人だったようです。

チケット売場の女性もそうだが、メニューインも少年に対する施しとは思っていない。少年の行動・生き方に感動を受けた御礼としてプレゼントしているように思う。

メニューイン・イン・ジャパン 1951」にはバルトークのルーマニア民族舞曲セーケイ編が収められていて、メニューインに献呈したソナタは収録されていなかったと記憶する。

 私の生まれた1958年当時は食うには困らなくなった時代で、その後の高度成長期は毎年、暮らしが豊かになっていく時代を過ごした。
それでも父の度重なる病気等で困窮した経験がある。母の苦労を見てきた。
そんな中でも音楽は心を支えてくれた。
そんな私にとっての神様はBEATLESだった。

 メニューインが来日した1951年は戦争が終わってまだ6年しか経過していない。
しかもあの長崎県でのコンサート。

サンフランシスコ条約が発効し、アメリカによる占領が解除され日本の主権が回復したのは翌年の1952年。
1951年当時はまだまだ生きること、そのために食べることが優先で、クラッシック音楽という贅沢品には触れることができにくい環境にあった一人の少年の奇跡の物語。

メニューインとしては、来日時は非親日家であったが、日本各地で演奏会を開催することによって、日本人の親切に触れ、親日家へと変貌。
そしてそのことが少年へのサプライズにつながったと思う。

 この物語の後日談として、数年後、少年はメニューインと再会しているものの、その後の情報は途絶えている。
また、この話は事実を元に滝一平氏が創作した物語であるが、戦後の昭和20年代に少年時代を過ごした多くの人々はお腹を空かせ、欲しいものも手に入らなかった体験をされている方が多いと思う。
そういった方々のおかげで日本は空前の高度成長を遂げることができ、今の生活がある。

 売木村で良い話に出会うことができたことに感謝。そして、この話や朗読を世に送り出してくれた関係者の方々にも合わせて御礼が言いたい。

志賀直哉の“小僧の神様”とは違うタイプの神様が世の中にはいろいろな所にいて、努力し実直に生きている人の行動をそっと見守っていてくれる。

正しく生きなければいけないと今更ながら思う。

 

====================
道の駅南信州うるぎ
長野県下伊那郡売木村543番地1
TEL0260-28-1051
営業時間
・農産物直売所:9:00~16:00
・食堂:9:00~11:00 モーニング、
    11:00~15:00 ランチ
   (14:30ラストオーダー)
定休日
 無休(4月~12月)
 木曜定休(1~3月)
 年末年始(12月29日~1月3日)

◇地図

========================

◆音楽に関する記事

2008/6/23ビートルズのこと
2008/7/2ラスト・ワルツ (The Last Waltz) ザ・バンド

2008/7/8ローリングストーンズはえらいなあ
2008/7/11イーグルスとドゥービーBrosとカリフォルニア
2008/8/9エリッククラプトンを忘れていた

2009/9/15コンプリート ビートルズ
2009/9/27ビートルズ”リマスター”アビーロード
2009/10/1 Doobie Bros.名古屋公演

2011/07/14フェンダーストラトキャスターLシリーズ
2011/07/20″Power”by John hall. 1979
2011/11/26高峰タカミネギター(中津川)
2012/05/04レクサスコンサート星ヶ丘グレースマーヤ&渡辺裕之とファイト一発
2013/12/21ポールマッカートニーのコンサートへ行く
2014/01/31 中古のグネコロゴグレコセミアコギター
2014/06/26 スリーエス名古屋鈴木ギター
2014/08/26BOSSの国産エフェクター
2014/08/28国産真空管ギターアンプの真空管交換
2014/10/01ギブソンハミングバードヒストリック購入
2015/03/09ヤイリギターK.Yairi工房見学
2015/10/11ギブソン・レスポール購入

2015/10/25きくがわ楽器、菊川ハンドメイドギタ
2016/04/26ボブディラン2016年名古屋公演

2016/08/25サイドル・ゾーン社ハープ谷口楽器
2016/09/09NEOPASA浜松スズキMetal Minor5
2017/02/28ザローリングストーンズオフィシャルチョコレート2017年
2017/05/11リッケンバッカー12弦を購入

 

==========================

道の駅に関する記事
 ★印は訪問記
★・
2020/09/24重点道の駅信州新野千石平
★・
2020/09/22道の駅南信州うるぎ
2020/09/12道の駅ながおか花火館(新潟県)
2020/07/31田原めっくんはうすハラペーニョ
2020/06/12おうちで 道の駅
★・
2020/06/06道の駅つくで手作り村味彩館
★・2020/05/06道の駅つくで手作り村
★・2019/11/28道の駅もっくる新城再訪
2019/11/13道の駅遠軽森のオホーツク
★・2019/10/17道の駅たいじ(和歌山県)
★・2019/10/05豊橋手巻き寿司(道の駅豊橋)
★・2019/09/26道の駅とよはし訪問記
★・2019/06/06道の駅舟屋の里伊根再訪問記
2019/04/17道の駅江差改装
2019/04/03道の駅うめ(佐伯市)

★・2018/12/31道の駅加子母(中津川市)
★・2018/12/27道の駅飛騨たかね,ひだ朝日村
★・2018/12/25南飛騨小坂はなもも(下呂)
★・2018/12/23道の駅花街道付知 (中津川)
2018/09/26道の駅とよはしトマッテ(豊橋)
★・2018/09/21道の駅びわ湖大橋米プラザ
★・2018/09/03道の駅熊野板屋九郎兵衛里
★・2018/05/19道の駅パレットピアおおの(岐阜)
2018/04/21海の駅ふかうら深浦まるごと市場
2018/04/20道の駅めぐみ白山(石川県)
2018/04/20道の駅石狩あいろーど厚田
★・2018/04/07道の駅熊野板屋九郎兵衛里
★・2018/03/09道の駅針テラス高野槙
★・2018/02/26道の駅柿の郷くどやま
★・2018/02/15道の駅くしがきの里(和歌山)
★・2018/01/22道の駅飯高駅(松阪市)
★・2017/12/25道の駅ラステンほらど(岐阜県)
★・2017/07/08道の駅信州蔦木宿(富士見町)
★・2017/05/08道の駅 南アルプスむら長谷
★・2017/04/20道の駅すさみ(和歌山県)
★・2017/04/18道の駅くしもと橋杭岩訪問記
★・2017/04/15道の駅可児ッテナチュラルキッチン
★・2017/04/02道の駅ごちそうダイニング(熊野)
2017/03/30道の駅ちくさ(兵庫県穴栗市)
2017/03/27道の駅大沢FARM CIRCUS(神戸)
★・2017/03/08道の駅しずも(賤母)(中津川市)
★・2017/02/16道の駅パーク七里御浜(三重県)
★・2017/01/17道の駅花窟神社(三重県)訪問記
★・
2017/01/04道の駅北はりまエコミュージアム(西脇)
★・2016/12/28道の駅越前(福井県越前町)

★・2016/12/27越前がにミュージアム(福井県)
★・2016/11/14道の駅らっせぃみさとそばの郷
★・2016/11/13蕎麦処道の駅らっせぃ庵(恵那市)
★・2016/10/29道の駅熊野花の窟(熊野市)
2016/08/10道の駅清流の里しろとり
2016/08/10道の駅白鳥・長良川あゆパーク
2016/08/10道の駅しらおふれあいパーク
★・2016/04/24道の駅津かわげ(津市)
★・2016/07/28道の駅白馬(長野県)ササユリ
★・2015/01/16道の駅紀伊長島まんぼう(紀北)
★・2016/10/29道の駅熊野花の窟(いわや)
2016/04/24道の駅津かわげ(津市)part8オープン
★・2016/07/28道の駅白馬(長野県)ササユリ
★・2016/01/20道の駅いずみ山愛の里(和泉)
★・2015/10/08道の駅宇津ノ谷峠(藤枝市)
★・2015/09/09道の駅大桑開田高原産グラピス
★・2015/09/04道の駅アグリの郷栗東割木巻すし
★・2015/08/25道の駅木曽福島(木曽郡)
★・2015/08/14道の駅雷電くるみの里(東御)
★・2015/08/05道の駅 ほっとぱ~く浅科
★・2015/06/27始神テラス紀北PA(三重県)
★・2015/06/13道の駅豊根グリーンポート宮嶋
★・2015/06/01道の駅にしお岡ノ山(西尾)
★・2015/03/26アオリイカとミクリ貝(鮮魚編)
★・2015/03/23筆柿あかみそドレッシング(売店)
★・2015/03/20道の駅もっくる新城
★・2015/03/12大薯と青島みかん(直売所)
★・2015/01/16道の駅紀伊長島まんぼう
★・2015/01/16三浦PA始神テラス(三重県)
★・2014/09/02道の駅河芸(三重県)
2014/06/21長良川あゆパーク(郡上市)
★・2014/06/10道の駅 風のマルシェ 御前崎
★・2014/06/05道の駅 池田温泉(岐阜県)

★・2014/05/03民話の駅蘇民(伊勢市二見町)
★・2014/02/04海の駅黒潮ダイニング相差店
★・2014/01/17道の駅紀伊長島まんぼう
★・2013/12/10道の駅瀬戸しなの
★・2013/11/12道の駅塩津街道あぢかまの里
★・2013/07/25道の駅むげ川(岐阜県関市)
★・2013/06/04道の駅どんぐりの里いなぶ
★・2013/03/20道の駅せせらぎの里 甲良
★・2013/02/05道の駅田原めっくんはうす
★・2013/02/05道の駅あかばねロコステーション
★・2013/02/02道の駅伊勢本街道御杖(奈良県)
★・2013/02/01道の駅美杉(津市)
★・2013/01/23道の駅紀伊長島まんぼう
★・2013/01/03道の駅飛騨金山ぬく森の里温泉

★・2013/01/03道の駅 和良(郡上市)
★・2012/12/20道の駅花街道付知(中津川)
★・2012/12/08道の駅藤川宿(岡崎市)
★・2012/11/17道の駅宙スカイドーム神岡(飛騨市)3
★・2012/11/16道の駅宙スカイドーム神岡(飛騨市)2
★・2012/11/15道の駅宙スカイドーム神岡(飛騨市)1
★・2012/11/08道の駅飛騨古川いぶし
★・2012/11/08道の駅アルプ飛騨古川
★・2012/11/08道の駅ななもり清見(高山市)
★・2012/10/29道の駅美濃にわか茶屋(岐阜) 
★・2012/07/01道の駅鳳来三河三石(新城市)
2012/06/23道の駅湧水の郷しおや(栃木)
★・2012/06/02道の駅まんぼう(紀北町)
★・2012/05/12道の駅なち(那智勝浦町)
★・2011/11/26道の駅きりら坂下(中津川市)
★・2011/10/10道の駅紀伊長島マンボウ
★・2011/10/10道の駅木つつ木館(大紀町)
★・2011/10/10道の駅海山(三重県紀北町)
★・2011/10/10道の駅紀の国 (熊野市)
★・2011/10/10道の駅奥伊勢おおだい
★・2011/05/28道の駅木つつ木館(大紀町)
★・2011/04/30道の駅マルメロの駅ながと(長野)
★・2011/04/03道の駅クレール平田(海津市)
★・2011/04/02道の駅瀬戸しなの(愛知県)
★・2010/07/24道の駅熊野きのくに(熊野)

★・2010/07/10道の駅半布里の郷とみか(岐阜)
★・2010/06/05道の駅とうじょう (兵庫県)
★・2010/05/01道の駅舞鶴港とれとれセンター
★・2010/02/21道の駅富有柿の里いとぬき
★・2010/02/21道の駅織部の里もとす
★・2009/12/29道の駅伊勢志摩(三重県)
★・2009/12/13道の駅宇陀路室生(奈良県)
★・2009/12/26道の駅吉野路大淀i センター
★・2009/11/28道の駅熊野きのくに(三重県)
★・2009/06/09道の駅天城越(静岡県)
★・2009/04/14道の駅近江母の郷(米原市)
★・2009/02/22道の駅柳津(岐阜市)
★・2008/11/06道の駅紀の国(熊野市)
★・2008/10/25道の駅マンボウ(紀北町)
★・2008/10/25道の駅木つつき館(大紀町)

Pocket