食彩品館.jp

カリーショップスパイスマン(愛知県岡崎市)あいがけセット「合鴨と九条ねぎの鰹出汁キーマカレー」と「あさりとサヤインゲンのグリーンカレー」,ベリーラッシー,あいがけキーマプレートもあります

Facebook にシェア
LINEで送る

★食べログ記事をアップしました

カリーショップスパイスマン(岡崎市)

=================

 愛知県のほぼ中央を流れる矢作川(やはぎがわ)、その矢作川の中流域から下流域に入る場所にかかる岡崎大橋は、名古屋市平針と岡崎を結ぶ通称平針街道・岡崎街道と呼ばれる県道56号名古屋岡崎線が三菱自動車岡崎工場南側付近で分岐・合流する愛知県道26号岡崎環状線にある。
と、説明しても地図を眺めながら読まないとよくわからないと思う。
岡崎環状線は岡崎インターを利用する時によく使うルート。

 その岡崎大橋の西側のたもとに今回、訪れた「スパイスマン」が出店したのは2019年4月で、すでに2年以上経過しているものの、気付いたのは最近。
たまたま通りかかった時に、お昼のピーク前にもかかわらず、なにやら行列ができていたので気になっていた。
名古屋方面から車を走らせていて店に気付いた時にはもう遅い。矢作川を通過してしまっている。
逆方向(岡崎市大門側)からの侵入は交差点をUターンしなければならない。交通量も多いため、「入りにくい、出にくい立地店舗」。
よって、以前もラーメン店等が出店したりしていたが、入れ替わりが早い。
そんな立地的に不都合を感じる場所において行列ができていることに興味を持ったのが来店動機。

実はカレーが苦手(#^^#)。
スパイシーで辛い料理が苦手といった方が当てはまるのかもしれない。
なので、カレー店実食記事は大変、珍しい。

 行列を見ていたので、ピーク前、オープン時間に合わせて到着。駐車場は敷地内施設の利用者も多く、ほぼ満車。
店前に行列がなかったのでホッとしていたが、一組が並び始めると、次から次へ待機していた車内から客が現れて列に並び始めた。
平日のお昼前、天候は雨なのに・・・と、少々、驚くが、年配客が多いことと、後期中年のサラリーマン風もいたりして、通常のカレーショップの客層とは趣が異なることに興味津々。

 開店を待っている間に店頭メニュー看板で当店のランチメニューと注文方法を確認。

基本は「単品」「あいがけ」の1000円~1090円のセットと、「あいがけキーマプレート1290円」の2種で、ランチセットは飲み物もつく。

カレー味は3種で、あいがけはその中から2種選択できる。

さらに選べる副菜もあって、トッピングとして追加可能。

ドリンクはカレー店ではおなじみのチャイやマンゴーラッシーやベリーラッシーその他が用意されている。

せっかくなのでベリーラッシーを選択。

ラッシーを飲むのは初だが、“飲むヨーグルト”とほぼ同様の飲み物なのでカレーには合うし、元価格が500円ということもあり、ランチドリクとしてのお買い得感はある。
マンゴーとベリー味がある。今回はベリー味を選択。

 あいがけのカレー2種は「合鴨と九条ねぎの鰹出汁キーマカレー」と「あさりとサヤインゲンのグリーンカレー」を選択。

 

自分では「あいがけキーマプレート1290円」を頼んだつもりだったのに、提供されたのは「あいがけ」だったが、これは当方の言い間違いであって店に責任はない。

 店内入店が8番目くらいなので、提供されたのは入店後40分程経過した頃。
入場待ち待機は時間のムダだが、入店して着席してからの待ちはカウントしていない(#^^#)。
その間に店内の装飾や備品等を眺める。
カウンター前の棚に設置されたテレビはアメリカの音楽番組を放映していて、なかなかシブイ曲を演奏している。
代わる代わるメンバーを入れ替えながら演奏しているが、やっぱ上手いなあと感心。
当店内にフェンダーのミニアンプとギターが置いてあったが店内でも演奏することがあるのだろうか。
そういえば、20年近く前にLos Angelesの某会社にお邪魔した時、その会社の食堂で昼の休憩時間に近所在住のバンドがボランティアで演奏していたのを見たことがあった。
さすがアメリカだなあと感心したものだが、日本では昼の社食で生バンド演奏鑑賞という場面に出会ったことはない。
テレビの中のバンドが演奏しているのは知らない曲ばかりだったが、1曲のみ聞いたことがある曲が流れた。なんだったかなあと思い出そうとするが曲名が出てこない。

 そうこうしているうちに注文品が提供された。

あいがけプレート1,090円

 辛さは下から2番目の“HOT”を選択。市販カレーの辛口程度という表現がピッタリ。辛いのが苦手な食彩品館でも大丈夫。

 こういった本格的なスパイス料理を食した経験が少ないので料理のレベルがどの程度なのかは判断できないが、美味しくいただけたのはまさしく僥倖。
さすがになんのスパイスが使われているかはわからないが、これまで体験したことの無い調味料も使われていて、興味深い。
色で選んだ「あさりとサヤインゲンのグリーンカレー」は若干のクセを感じるものの、「合鴨と九条ねぎの鰹出汁キーマカレー」はスパイス料理食体験不足の当方にとってはグッドティスト。

↓ 自家製の福神漬

 あいがけなので交互にいただくが、どうしてもキーマの方が早くなくなる。
香辛料メインの料理は苦手だと思い込んでいたが、当店は食彩品館.jpお気に入りに登録。
難点は入店から提供までの時間がかかりすぎる点か。そして人気店であること。

ところで、前述の「聞いたことがあるけど題名を思い出せない曲」は食べている途中で突然タイトルを思い出した。Prince(プリンス)の 1999。ああ懐かしい。


◇資料(メニュー)

=================
カリーショップ スパイスマン
愛知県岡崎市北野町東河原17-1
℡0564-34-2546
営業時間
  11:30~14:00ラストオーダー
  18:00~22:00ラストオーダー
定休日 月曜日
開店日 2019年4月19日

====================

◇カレーに関する記事
やぶ屋塩釜口店

カレーのやぶや、ゴーゴーカレー

そば源(愛知県豊橋市)カレーうどん

カレーうどんあげは(刈谷市)

鉄板やきカレーbyさん太

うどん勢川本店豊橋カレーうどん

ガスト豊橋カレーうどん風

カレーハウスCoCo壱番屋岡崎矢作店

スバカマナ岡崎店

若鯱屋ザモール安城店カレーうどん

=================
◇全国のラーメンに関する記事一覧

http://wp.me/P66ssl-5Gc
◇うどん、そば、冷麺、焼きそば、パスタ
http://wp.me/P66ssl-5Vg
◇鮮魚と寿司に関する食彩品館.jp記事
http://wp.me/P66ssl-5NK

◇和食(ランチ含む)に関する食彩品館.jp記事
https://wp.me/P66ssl-9hQ
◇肉類に関する食彩品館.jp記事
http://wp.me/P66ssl-6Dg
◇和食(魚・肉記事除く)食彩品館.jp記事
http://wp.me/P66ssl-9hQ

◇食べログ記事一覧
http://goo.gl/mZSuZ1
================

★食彩品館.jp直近記事一覧25,000超記事
http://goo.gl/S6anZc

=================

 

Facebook にシェア
LINEで送る