食彩品館.jp

西武池袋本店(東京都豊島区)2022年9月より順次10年ぶりの 改装スタート,Live,Terminal,卯花墻,味小路,過去の訪問記事も併せて紹介,

●雑感・所感|2022/07/31 posted.
Facebook にシェア
LINEで送る

9月より順次改装西武池袋本店
東京都豊島区南池袋1-28-1
℡03-3981-0111
ニュース・おしらせページ
改装開店日2022/09/より順次
記録日2022/07/29(紹介記事7/31)

==================

◇改装開店予定
▫対象面積 約2,900㎡
・9月上旬地下1階食品フロア
  卯花墻(うのはながき)

  味小路

・9月上旬地下2階食品フロア
  酒蔵
・9月上旬2階 アート雑貨
・10月下旬2階 化粧品売場
・秋以降 2階プレステージ
・10月中旬ハンドバック売場
・2023年1月中旬婦人靴売り場

↓ 撮影日 2015/01/30(訪問記事)

↓ 撮影日 2015/01/30(訪問記事)

↓ 撮影日 2013/11/21

================
以下、過去記事データ

2015/02/12西武百貨店池袋本店生鮮倶楽部訪問記

 若い頃。20代前半から中盤でしょうか。西武百貨店はあこがれの存在でした。ウッディアレンの映画を愛した食彩品館.jpとしては彼をCMに起用した西武百貨店池袋本店とキャッチコピー「おいしい生活(by 糸井重里)」が80年代初頭の良き思い出。良い時代でしたね。
その西武百貨店池袋本店食品館の売場通路で見かけたトマトとアスパラの量販売場。そして緑健の生産物。感激した食彩品館.jpは夢中で取引開拓したことを思い出しました。
 今回久々の西武百貨店訪問。しかも家人同伴です。少し売場をみるだけの予定が、ついつい買物。当日はサンシャインプリンス泊の予定なので、そうそう食品の買物はできないのですが、ついアレコレ購入してしまうのはいつもの食彩品館.jpらしいところ。
さすが西武と感心したのがフグだけを販売する店(中尾ふぐ)が存在すること。その他、セブンプレミアムがズラリ勢揃いした売場などを堪能しました。以下、購入商品。

★骨付きハム20150130西武池袋本店 (17)

 ・長崎浪漫工房骨付きハム。100g680円です。日本ハムグループですね。ホワイトハムは燻製をしていないということで豚肉そのものの味と香りを感じることができます。値引きされていないとなかなか買えない単価ですね。

★購入 鮫の軟骨20150130西武池袋本店 (16)

 ・鮫の軟骨。湯島丸赤で購入。とび卵が入っています。そのまま食べられるのですが、気になるのは着色料の赤108号と黄5号。味は酢が効いていて悪い印象ではありません。珍味。コンドロイチン硫酸豊富。

★7プレミアム 購入商品20150130

・セブンプレミアム売場では普段、滅多に見かけないような商品もあったりとなかなか楽しめました。翌日の朝食用にいろいろ購入。

★藤原製麺 ゴールデンボンラー麺 購入商品20150130 (1)

・藤原製麺。ゴールデンボンバーラー麺。「女々しくて塩味」。すばらしいコラボパッケージです。
 藤原製麺社の商品に関する食彩品館.jp記事一覧

*******************

2015/02/13ザ・ガーデン自由が丘池袋店訪問記(西武池袋本店地下1階)

西武池袋本店のザ・ガーデン自由が丘訪問。 高質スーパーということは承知の上での訪問ながら、普通にまい泉やハゲ天の商品が販売されているコトにちょっと驚く。 さらに焼酎三岳(屋久島)が正規価格で販売されていたりと、さすがの感。 越前田丸屋の「炙りのどぐろ寿司、焼き鯖寿司」や小田原の「金目鯛弁当各種」「鯛めし」、「泉平のいなり寿司」等々が定番で販売されていることに感動。  限られた食費の中で、できるだけ節約生活をしたい人には不向きかも知れませんが、後期中年夫婦の食彩品館.jp家としては、一週間に一回位はこういう店で買物してちっょとした気持ちの余裕を味わいたいと思うのです。

★購入商品

 

Facebook にシェア
LINEで送る