食彩品館.jp

マヴィのオーガニックワイン

Facebook にシェア
LINEで送る

 ワインというのは なんか酸っぱくて苦い、あるいは極端に甘い果実酒のようなイメージがありました。スイスの山奥へ行った時に、宿泊先のロッジで飲んだ赤ワインが美味しくて、なんでこんなに美味しいんだろうとずっと不思議に思っていました。
 マヴィさんのワインを知ったのは、ある百貨店に催事で出展していた田村さんとの出会いから。田村さんにこの疑問を聞いてみました。わかりやすく説明していただいたのですが、私が約30分くらい、田村さんを独占してしまったので、後で考えると申し訳ないことをしてしまったなと。その場でワイン一本と田村さんの本を購入しました。
 一応、有機栽培の勉強を少ししたことがあったので、だいたいのことは理解できました。
ただ、私には10年前に受講した、「有機栽培工程管理士講習会」程度の知識しかなかったので、ワインのオーガニックの定義のなかの「硫化硫黄の使用」とか初めて知ったことが沢山ありました。それよりも私が驚いたのはホームページの大量の産地情報です。こりゃ本物だ。ということで、ワインの勉強(つまり飲むことですね)をはじめた次第です。
 ここではオーガニックがどうのこうのという話題ではなく、私が一番、驚いたワインを紹介したいと思います。ボジョレーヌーボーをわざと一年、シャトーで寝かすという「私家版ボジョレー」です。そんなの聞いたことがないと思ったけど、田村さんの口から説明していただくと「なるほど」と納得できました。
 ご参考:私のフォトアルバム

 一昨年、オーガニックフェスタに行ってワインをたらふく試飲させていただき、生産者の皆さんともしっかりと話をすることができました。あまりお酒が飲めないので、ふらふらになって帰ったのですが、せっかくの試飲会だったのに飲みすぎて、それぞれのワインの味がどうだったのかまったく覚えてません(苦笑)

マヴィさんのホームページ
オーガニックワインとは。オーガニックでない商品との比較(無添加ワインとの比較も)

オーガニック・ワインの本 オーガニック・ワインの本
価格:¥ 1,680(税込)
発売日:2007-04

P.S.
田村さん フランス共和国農事功労賞シュヴァリエ叙勲おめでとうございます。
 
 尚、このブログはマヴィさん、田村さんの承認を得ておりません。関係者の方にご迷惑をおかけするようならばご一報ください。           一ファンより

Facebook にシェア
LINEで送る