食彩品館.jp

< №3報> 新城市~豊川市~豊橋経由蒲郡市のスーパー訪問。 豊川は価格競争が厳しいな。サンヨネさん再訪問

Pocket

 10月4日の新城市~豊川市~豊橋経由蒲郡市の店舗訪問 <№3報>
<№1報>「プライスカット菰口店」はこちら
<№2報>グリーンセンター天国」はこちら
**************************************
 さて、新城市でグリーンセンターを堪能した後は、豊川市へ。
クックマートとヤマトストアの闘いは大変ですね。しかもそれにたつみストアーさんも絡んできて。
なかでもヤマトストア豊川本野町店は「豊橋のミニスーパー編」(リンクは下のほうにまとめて貼ってあります)でも書きましたが、手作り惣菜を大事にして、生鮮の価格訴求も含めて、立派に闘っています。小型店の割に品揃えの豊富感があります。時代の先端でなくても地場に根付いているスーパーであることがわかります。
これからも価格の安い手作り惣菜を大事にしていただきたいと思います。

 20081004豊川へ来ると必ず、寄ってしまうのが、サンヨネ豊川店。今日も繁盛していますね。前回訪問時よりも鮮魚の品揃えが少なくなっていましたが、漁の関係でしょうか。それでも対面の地魚の安さはすばらしい。100円とか200円で一家のメインディッシュが買えます。
そんな中で太刀魚の煮付け用の商品作りが面白かったので購入。
富山産のシロエビは「刺身用」の表示に惹かれて衝動買い。
前回、別の店で購入して懲りたはずなのに(笑)
この商品はスーパーで販売されているシロエビとしては鮮度がいい方。鮮魚売場の人に「これ刺身用って表示されているけど、本当に刺身で食べて大丈夫?」と余計な質問をしてしまいました。
家に帰って調理したところ、皮をむくのが面倒。結局1/3ほどむいたところで、あきらめて残りは唐揚に。刺身で食べた分はほんのりと甘味があってまあまあかな。でも本場で食べないと本当の美味しさはわからないと思う。

 サンヨネさんは本当に楽しい。鮮度と価格・品質の見極めができる人なら絶対にお勧めの店舗です。低品質ロープライスだけのディスカウント店ではありません。

*************************************
4日の豊川市の訪問店舗
●JAひまわり
Aコープ一宮店  ・グリーンセンター一宮
グリーンセンター豊川  ・Aコーブ中部店
●ヤマトストア ・本野町店
●クックマート ・本野町店
●たつみストアー 豊川店
●サンヨネ   ・豊川店
●アピタ ・豊川店
豊川サティ 

●サン・フレッシュ かねだい 萩山店
●みかわ市民生協 コープ諏訪

●ショッピング おはら

●マルイチ 御油店
*********************************************
豊橋・豊川方面の関連記事
●5月17日の豊川・豊橋方面の訪問記事「繁盛について思う『サンヨネさん』」編は
こちら
●6月7日の蒲郡・渥美半島・豊橋地区の訪問記事「今週の成果は青果『アツミ各店とサンヨネ蒲郡』」編は
こちら
●7月19日の湖西~豊橋の訪問記事「豊橋~湖西市 パレ、フードオアシスアツミ山田店」編はこちら
●9月30日の訪問記事「豊橋のミニスーパー編」は
こちら
***************************

大きな地図で見る
******************************************

Pocket