食彩品館.jp

滋賀県草津市の繁盛店「ハズイ西店」「ハズイ本店」訪問記。水口店記事も。

Pocket

●スーパーハズイ水口店記事はこちら↓
↓ 紹介記事はこちら→(紹介記事2/24)
●<10/3予定>スーパーハズイ水口店(甲賀市)
滋賀県甲賀市水口町暁4800-1
店舗面積 177台
駐車場 48台
開店日2018/10/03予定
紹介日2018/02/24(紹介記事2/24)

====================== 

滋賀県草津市駅前に本店がある。
 

2006年1月26日リニューアルオープンで開業以来の対面式からセルフ販売へ。
こじんまりとした元鮮魚店。細長い売場に青果・精肉・惣菜・鮮魚と並ぶ。店の両端がレジ。
また、甲賀郡水口町にも店舗(水口店)があるらしいが、そちらは未訪問。
ハズイ訪問のきっかけは、家族に「ケンミンショーで『ハズイ』というスーパーをやっていたが、お父さん知ってる?」と聞かれたため。
「お父さんでも知らない店があるんだ」と妻と娘に言われたため、”それならば”というこでの草津訪問。世の中にはいろいろな店があるものだ。ちなみにお父さんは”愛知県専門家”です。
げんさん生鮮館堅田店訪問と観光・西国寺院参拝も含めての滋賀遠征計画を立てる。
新名神で瀬田東ICまで行き、「岩間寺~石山寺~三井寺と西国寺院を巡り、延暦寺経由で堅田~守山と店舗や観光地に立ち寄り、最後にハズイ西店へ。

ハズイ西店
滋賀県草津市木川町389   
℡077-562-2760
オープン日:2006年1月14日
訪問日:2009年9月12日
 

ハズイ草津西店を移転新築オープン。”コーナン、ジョーシン、ハズイ”でNSC。
17時過ぎの訪問。雨のため薄暗く、店舗外観の写真撮影可能なぎりぎりの時間。
店舗右側から入ると、パン箱で通せんぼ。通行止めの先は果物売場が見える。
あらためて店舗左側より入る。
青果はトレーを使用したパックとか仕切り板は緑色の金属製とか。80年代に戻ったような感じ。
価格は相場高の中、なかなかお値打ち商品が散見。ただし、嫌いな言葉なのであんまり使いたくないが”激安“という感じではない。
「もやしが安い」という話を聞いていたが、すっかりチェックするのを忘れた。
と 言っている間に精肉売場到着。
げんさん」です。(げんさん生鮮館堅田店訪問記事はこちら)。
対面の肉をチェックしていると、こちらでも国産牛の「赤せんまい」「しま腸」「つらみ」と専門店らしい品揃え。
作業場と売場の間の壁とか窓がない。肉をスライスしているのが良く見える。ハムとかベーコンも同じ部屋で詰めていたりするのも見える[E:sad]。
残念なことに、一番楽しみにしていた「ミンチコロッケ」が売り切れ。
柱に「平牧金華豚」の看板がかかっていたので、店の人に聞くと、「当分 入荷しない」という返事。残念。
かわりに特売になっていた「特製あらびきパリパリウィンナー」購入。家族に大変喜ばれた。
鮮魚はトロ箱のまま売場に陳列して産直イメージの販売。大きなカジキ丸ごと一尾とかシイラとかを対面横に”置いてある“。
うなぎは(当たり前だが)関西風のみで、小さなタレをサービスで付けている。価格は一匹ごとに違う。いかにも”店できちんと焼きました“という商品作りが良い。
さて、惣菜。弁当は「255円」から。
手作り“シールが貼られた「松茸ごはん自家製惣菜」を購入。
さて、さきほど入口を閉鎖していた果物売場に到着。八百屋さんタイプの陳列。野菜売場同様に売場と作業場の壁や窓がない。
直営売場の野菜と果物が、店舗の左右にわかれた店を初めて見た。青果専門店が左右に分かれた店舗は見たことあるが。
 大繁盛店なのは「激安」ではなく、古くから真面目に商売されているハズイさんに対するお客さんの”厚い信頼“と、それに答えつづけてきたハズイさんの”信用“の力だと思った草津の夜。
●購入商品

 

20090912_64 ・下田ナスは滋賀県下田で採れた小ぶりナス。特徴その他は袋の裏に書かれていた。なかなか良い。
・水ナス漬物は他店で見た価格よりもかなり安い。即購入した。
・後の商品は安かったので購入。
***************

Pocket