食彩品館.jp

サテイ結崎店跡に出店した「スーパーおくやま結城店」(奈良県)

Facebook にシェア
LINEで送る

スーパーおくやま結崎店
ショッピングデパート川西(サティ結崎店跡)
奈良県磯城郡川西町結崎598
℡0745-43-1000
改装開店日 2010/06/24
訪問日    2010/07/24

(改装情報を提供していただいたMさんに感謝)
20100724_3

スーパーおくやま
・新町店 奈良県磯城郡田原本町大字新町 5−1 
・上牧店 奈良県北葛城郡上牧町大字上牧1879-1
・樫原店 奈良県橿原市常盤町 592−1
・三笠店 奈良県磯城郡田原本町大字三笠160-9
ということで、結城店はスーパーおくやま5店目の新店。 
 
 堺市の日之出屋から名古屋へ向かう途中に寄る。
何回もこの近くを通過しているのに、サティ結城店へは訪問していない。大店立地届出も「変更」ということで、食彩賓館でもサラっと情報をアップしただけ。
サティ撤退後は昨今話題になることが多い「買物難民」対策として、跡地に出店予定のスーパーおくやまがバスを運行して対応していた。
サティ跡地に看板も赤ロゴ。一瞬、イオン系?と勘違いする外観([E:wink])
「スーパーおくやま」は2店目の訪問。いつも登場する“そのスジの方達”には超有名な企業。何が有名かというと「鮮魚」と「精肉」。
“海無し県”の鮮魚の強い店は集客力がある。スーパーおくやまは地場の人に支持されている商品だけでなく、鮮魚と精肉で深い品揃えと品質に比較して低価格なことを合わせて繁盛店になっている。
この「結城店」は出店一ヶ月経過しているが、駐車場は混雑。なかなか人気店になっている模様。
ところで、2階へ行くエスカレーターは閉鎖されている。閉鎖の仕方が面白い。扉をつけて物置のようにしている。しかもガラス付きで中が見えている。

 青果売場の品揃えは深さを感じないが、そこそこ低価格な商品がならぶ。「上牧店」ほどのボリューム感はないのが気になるが。
鮮魚は壁面平オープンケースの刺身盛合せが圧巻。きちんとカドを立てた刺身が並ぶ。
手書きPOPで、いい感じで商品をアピールしている。さすがに海から遠いので「超新鮮」というほどではないが、大手のスーパーでは見られないレベル(ハイレベルという意味ではない)の商品が散見。特にマグネットにコーナー化された「社長のこだわり旨いもんいろいろ」は楽しい商品が集められていた。
でも「これはっ」という商品を発見できず。日之出屋でいろいろ購入してしまったこともあるので購入品は無し。刺身は何か購入しても良かったかな。当日は生魚がちょっと寂しいと感じたのは入荷の関係か?
今回は鮮魚よりも精肉に感嘆。MのAさんから伺っていた通り、品揃えが深い。おそらく一頭買いしていると思われるが、関西らしく部位別の量り売りが充実。「ツラミ、ミスジ、ハネシタ、三角バラ」という、いつもの部位だけでなく、「黒毛和牛ササミ焼肉用(バラ肉付近の希少部位)」が。初めて売場で見る部位名に感激。見ているだけで楽しい。ナイスです。ここだけの訪問だったら「黒毛和牛サガリ」と「黒毛和牛タン」は絶対購入していたと思う。たまたま品揃えが充実した日に訪問したのか、いつもこうなのかは不明だが。
国内産豚肉の特売品は「豚ウデスライス」。「切り落とし」と表示しないところが気に入った。

加工食品は特別なこだわりを感じさせないが低価格商品をカテゴリーこどに一品づつ提案している。玉子とマヨネーズを購入。マヨネーズなんてめったに買わないんだが([E:coldsweats01])

GMS撤退跡へ出店するスーパーは苦労します。食彩賓館もそういった苦労をしたことのある一人として結城店へエールを送りたいと思う。
「鮮魚は活魚の品揃えを多く」「青果と惣菜が精肉ほどのこだわりを感じない」「加工食品はもう少し陳列を工夫してほしい」
頑張っていただきたいと思います。

食彩賓館的印象
総合     ★★★☆☆
装飾・備品★☆☆☆☆
品揃・商品★★☆☆☆ 
(精肉は★4ツ)
売場作り ★★☆☆☆
品質・衛生管理★☆☆☆☆
価格(当日)★★★☆☆
サービス  ★☆☆☆☆
リピート  ★★★☆☆
視察向け ★★★☆☆
上記の★☆の説明はこちら

●購入商品
20100724_2
・“自家製漬物”がナイス。でも同社他店で製造したものとか。
20100724_4
*************
●スーパーおくやまに関する食彩賓館記事
・2009/11/20あの“スーパーおくやま”上牧店へ行く(奈良県)

Facebook にシェア
LINEで送る