食彩品館.jp

「同時に3人で1台のレジ対応」生鮮食品館スーパーネゴロ(根来)岩出店で繁盛ぶりを確認する(和歌山県岩出市)じゃこ寿し,金さばふぐ,すじがつお,自家製ぬか漬け。繁盛パーワー,“売場のパワースポット化”

Pocket

生鮮食品館スーパーネゴロ(根来)岩出店
和歌山県岩出市根来2-1
℡0736-62-2626
訪問日 2010/10/02

スーパーネゴロは他に打田店がある。 
和歌山県紀の川市西大井421 
℡0736-78-2626

 上淡路街道(県道7号線)を粉河寺に向かって走っていると、駐車場が混雑しているミニスーパーを発見。いつもは国道24号線で粉河方面に向かうので通過しない場所。国道24号線からメッサオークワ岩出店を右折してマツゲン中黒店へ寄道したため、ナビがこちらのルートを表示誘導したため。
運良く、店前の駐車場が1台空いたが、店裏も店横の駐車場も満車。
店前ではテント8本張って、青果や加食などの常温商品だけでなく、鮮魚や日配などの冷蔵商品も店外販売。
鮮魚の店外販売って保健所からの指導対象と思っていたけどいいのかなあ。一応、保冷剤や氷を敷いているようだが。日配品や塩干はほぼ常温状態。豆腐まで。
こりゃスゴイ。ここまでやられたらチェーンストアーは対抗できない。いや価格の話ではなく、「繁盛パワー」がすごい。いつも言うような“売場のパワースポット化(記事はこちら)”ができている。客は次々と商品を買物カゴに入れている。
これまたいつも言っているが「品質と価格の見極めを客に要求するタイプの店」。客は品質を見極めながら買物をしている雰囲気はない。なんとなくムードで買物を楽しんでいる様子。これこそ「繁盛店パワー」。理屈ではない。渡辺流繁盛店作りともまた違う。タチヤ(愛知県)のイメージに近いがさらにワイルドにした感じ。さすが店外の生鮮売場のパワーはスゴイ。港の朝市のようなパワーを感じる。商品名は表示していないが、ピンク色のゲンゲ(?)みたいな珍魚も盛売りされている。
すっかり繁盛店パワーに圧倒された後、店内に入る。
店舗入口で60円台のタマゴをまず買物に入れようとしたら「会員限定」。さらに1000円以上。とりあえず、買物カゴに入れて店内へ入り、300円支払って会員になる。
青果売場はカゴを使った陳列で意外とすっきりしている。ただし、突き出し陳列ガンガンタイプ。価格はそこそこ。こうやって見ると尾張北部~岐阜市の売価っていうのは全国でも厳しい価格設定というのが良くわかる。
鮮魚もお値打ち品が並ぶ。店外テントで低価格鮮魚を見た後だが、店内にもお値打ち品多数。
自家製松前寿司に使用しているサバはなかなか立派。単なるB級品を安売りする店ではない証拠。
日配売場では突き出し常温陳列ガンガン。でも店外テントよりはマシかもしれない。
「自家製」と表示されたナスの漬物を購入。水ナスだと思うが、表示は消費期限以外に原材料・添加物を含めて表示がないので不明。自己責任で購入を判断した。これがなかなか美味しい。
一通り、売場を眺めて、レジに並ぶ。全台フルオープンだが、各レジ10人以上並んでいる。
並び始めて気付いたのだが、買物カゴ一杯に買物している人ばかりなのに列が進むスピードが早い。レジ前エンドまで行って理由が判明。
 
 なんと3人体制

簡単に言うと、二人制レジと向かい合う形で、商品を買い物カゴから取り出す担当が客側に配置されている。
客側の一人が、買物カゴからバーコードの位置を確認して商品を取り出し、レジカウンターにいるスキャン担当に渡す。スキャン担当は受け取ったままの状態でスキャンして精算済みのカゴに移す。もう一人のキャッシャーが現金を受渡しする。こりゃ早い。
オープンの時なんか使えるなあ。普段、レジに入らないor久しぶりに入るとバーコードの場所とか探すのに手間取る。これだとキャッシャーを含めて「手待ち(何もしない待機状態)」がない。
ところで、例の特売たまご。結局1000円購入しなかったのでレジで返品しました。手間取らせて申し訳ないです。

 なんにしても、「はぁ~?」「ひぇ~!」「プッ」「へえ~」「ほぉ~」など“ハ行”感嘆の出る繁盛店でした。ということで、これからはこのタイプの店を『ハ行店舗』と呼ぶことにする。
20101002_4
20101002negoro 20101002_5

●購入商品
 

・じゃこ寿し「橋豊」は貴志駅近くの地元店。じゃこは確か貴志川産の淡水魚「ハエ」のことだと思った。生臭さが少し残るが嫌ではない。いいねぇ。こういう郷土料理は。

・金サバフグ(シロサバフグ)
※内臓入

・すじがつお

 

●食彩賓館的印象(2010/09/29改訂)
 (評価ではありません)
総合     ★★☆☆☆
装飾・備品★☆☆☆☆
品揃・商品★☆☆☆☆ 
売場作り ★☆☆☆☆
品質・衛生管理☆☆☆☆☆
価格(当日)★★★☆☆
サービス  ★☆☆☆☆
リピート  ★★★☆☆
視察向け ★☆☆☆☆
繁盛感   ★★★☆☆
上記の★☆の説明はこちら

********************
店舗裏に 油甚(あぶらじん)という酒スーパーがある。そちらでも鮮魚の店外販売を実施していた。このあたりは鮮魚のテント販売が人気らしい。
油甚 岩出店 
和歌山県岩出市根来10-1
℡0736- 69-5553

 

===========================
根来市に関する記事一覧

Pocket