食彩品館.jp

イオンマックスバリュ中部「マックスバリュ大矢知店」で買物。そして一号舘大矢知店も確認(三重県四日市市)

Facebook にシェア
LINEで送る

マックスバリュ大矢知店<MV中部> 
三重県四日市市大矢知町字下沢988
℡059-363-2177 ニュースリリース
総敷地面積11,638㎡
売場面積 1,946㎡(直営)
駐車台数:約160台  駐輪台数:95台
・HACドラッグ、ザ・ダイソー、デューポイント、アージュ(クリーニング)、イオン銀行ATM
開店日      2011/10/27
・大店立地届出記事3/02  
   ・オープン日告知記事 10/22 
開店前訪問日 2011/03/26(part1記事3/28) 
開店前訪問日 2011/07/01(part2記事7/6) 
開店前訪問日 2011/08/13(part3記事8/22) 
開店前訪問日 2011/09/23(part4記事9/29) 
開店前訪問日 2011/10/22(part5記事10/23)
↑ part5記事に過去推移のまとめをしています。
  (時系列で建築中外観撮影)
↓ 2011/10/29撮影
201110291101
20111029_4 
 三重県といっても、四日市市は愛知県から近い。なので、ちょくちょく訪問していたらとうとう6回目になってしまった。
開店3日目ながら最初の週末ということで、混雑覚悟のお昼前到着。
朝の客が一段落した後なので、スムーズに駐車場へ入る。あらかじめ侵入ルートを林医院側と決めていたのが正解でした。新店への入店は「左折入場」が鉄則。

 まずは外観撮影。そして、ダイソーで買物した後、マックスバリュへ入場。
カード会員募集もマックスバリュ中部社とイオングループに分かれていつものように玄関入口で対応中なのを横目に店内へ。
入口から青果までのアプローチが短く、すぐにみかんの詰め放題売場がある。詰め放題用の袋を見ると、数をあまり期待できないサイズだったので、特売のミカンネットをまずは購入。安いからというよりはみかんを食べたかったという理由(笑)。
果物~野菜売場と平台はバラ売り商品が目立つ。芋玉類もバラ売り。
野菜の価格はそこそこ。激安でもないが98円以下の売価には抑えている。
ザ・ビッグではないレギュラータイプのオープンなので、価格期待よりも、品揃えの確認が主。
入口左側にいつもの「地物一番」コーナー。米野木店オープン時よりも地元商品が多いのは、本拠地に近いので当然といえば当然。
 青果と鮮魚売場をつなぐ壁側の日配ケースの中に「おつまみコーナー」と題して、塩干や練り物の加工商品を揃えている。
最上段には珍味のトップブランドである「伍魚福」社の商品が得意のコトPOP付で数品目。
このコトPOPは若い人が書いたのか、字が小さすぎて、最上段に掲示すると読めない。平台で上から見た時には良いかもしれませんが。
おつまみコーナーには各ブランド(例のイオン御用達の“伍魚福によく似たイメージ”の商品がメイン)が呉越同舟。良いと思います。酒売場の隣だったらもっとよいと思うのは考えすぎ。酒売場にあると「おつまみ需要」だけだが、日配にあると「おかず提案」にもなります。
 
 鮮魚売場に行くと、11時のマグロ解体セールで使用されたバチマグロの頭が作業場に見えた。頭のサイズからして大きいものではないが、売場の商品を見ると、赤身がしっかりとしているナイスなバチでした。
いつものように中落ちを購入。これがまたウマイ。ヘタな本マグロロより旨いバチが時々あるけど、今回のバチはそこそこ。

 対面に並べられた魚を見て、刺身の品揃えが198円からあるのを確認した後は、隣の精肉売場へ。
名古屋コーチンと合鴨の品揃えは確認したが、牛肉はブランド牛や希少部位などの販売はない。
ハムでいつもの「もくもく手作りファーム」コーナーの商品をチェックして、惣菜売場へ。

 最近の同社の新店で見かける「重ね寿司&こぼれ寿司」は良く考えたなあと感心。
ネタの説明ボードも感心。でも一品一品の説明の最後に「だから●●なんです!」は余計。しつこい。
そして、米飯では最近、気に入っているブンセン社の298円弁当。関西で食べるブンセン社の惣菜よりも少し濃いめの味付け。工場製品だが手作り感もあって、298円なら価格的にもナイス。当日は「たこ飯弁当」と「きのこ御飯弁当」。白御飯でないのがグッド。
(ブンセン社ご参考記事・2011/3/3ロックシティ姫路SC)

惣菜前にある漬物の「食べきりサイズ98円均一」コーナーは50アイテム弱の品揃えでこれまたグッド。これは良いですね。一品一品を見るとボリューム感もなく、価格的なメリットは感じられないが、50品揃うと、迫力が出てきます。でも購入品目なし。
インストアベーカリーはないようです。

 グロサリーは最近の同社同様にオーソドックスな品揃えで、再下段のカート付ケースといいローコスト運営にも配慮。
派手さもなく、買物していてワクワク感も感じないものの、安心して買物できるスーパーは貴重です。

 という、食彩賓館らしくないレポート的記事でした。
読書感想文であらすじだけ記入するようなモンですな。感想がないのは、店がオーソドックスすぎるからと店の所為にしてみる。

●購入商品
20111029
・今回のピカイチは「赤霧島」の一升瓶。価格も2480円とプレミア焼酎としては良心価格。900mlの定価が1200円ちよっとなので妥当。前回のマックスバリュ長久手店オープンの時に赤霧島の価格に「えっ」と思ったのですが、今回は「おおっ」と納得でした。
他に赤霧島と黒霧島の900mlセット1980円や魔王の6000円弱とイオン系お馴染のオープン価格でした。おっと購入していない商品の価格をPRするのはタブーでした([E:coldsweats01])

●食彩賓館的印象
 (評価ではありません)
総合    ★★★☆☆
装飾・備品★★☆☆☆
品揃・商品★★★☆☆ 
売場作り ★★★☆☆
品質・衛生管理★★☆☆☆
価格(当日)★★★☆☆
サービス  ★★★☆☆
リピート  ★★☆☆☆
視察向け ★★☆☆☆
繁盛感   ★★☆☆☆
ワクワク感 ★★☆☆☆

上記の★☆の説明はこちら

●資料
1
Photo
2
Photo_2

●直近のマックスバリュ中部社店舗訪問
2011/10/26マックスバリュ長久手店オープン訪問
2011/09/21マックスバリュ米野木店(MV中部)
2011/09/19ザ・ビッグエクスプレス五女子店オープン
・2011/09/03マックスバリュ鵜方店(志摩市)
2011/08/24マックスバリュ津北店・川井店(リニューアル)

●直近のマックスバリュ他社訪問
2011/10/18マックスバリュ各務原店改装
2011/09/22マックスバリュ清須春日店〈中京〉オープン
2011/09/23マックスバリュ大物店<光洋>
2011/08/01ザ・ビッグ浜松葵町店(静岡県浜松市)
2011/08/12浜松近郊MVエクスプレス変更店
2011/07/18マックスバリュ<グランド>千種若宮大通店
====================

さて、すぐ前の一号舘 大矢知店。こちらも時系列で確認してきました。
今回のオープンに対して、会員募集強化、売場の若干の変更、そして自店チラシを入れる他、マックスバリュ価格に一部対抗していました。
惣菜の「あじよし」さんの米飯売場と鮮魚売場横に設置した「鮮魚の寿司 あじよし」の品揃えとボリュームに感心。

健闘を祈る。

一号舘 大矢知店

〒510-8034 三重県四日市市大矢知町字下沢965-1
℡059-364-3355
営業時間 AM9:00~深夜0:00
改装日 2011/06/30(紹介記事6/30) 

訪問日 2011/03/26(訪問記事3/28) 
訪問日 2011/07/01(訪問記事7/6)
訪問日 2011/10/29(訪問記事)
↓ 2011/10/29マックスバリュ駐車場より撮影
20111029_2
●単独チラシ
20111029_9  
●合同チラシ
1_2 2_2

●過去記事
2011/07/06一号舘 大矢知店リニューアル(三重県)

Facebook にシェア
LINEで送る