食彩品館.jp

サンフレッシュ 新豊明店 3年半ぶりの訪問(愛知県豊明市)

Facebook にシェア
LINEで送る

 3年半ぶりの訪問。 
「驚き価格続出!行列ができる店」というテーマで時々、名古屋地区のテレビ番組で紹介されます。
タイムサービスに右往左往する客の姿を面白おかしく演出するというパターン。
この新豊明店あるいは豊明本店と呼ばれる店はサンフレッシュの旗艦店。品揃えも豊富で“激安”商品からワンランクアップ商品まで揃っています。
この店、実は“あの”サンクリエーションがワークした店舗です。ということで壁画満載。もちろん青果売場の表示は“PRODUCE”。
ちなみにサンフレッシュ最新店の蒲郡店はサンクリ系プログレスデザインだったりする。
激安とサンクリ&プログレスデザインがイマイチ結びつかないが、経営者に何かこだわりがあるのでしょう。
 
 当日は珍しく、買物の付き添い訪問。この店のウリの一つである「広く深いが低価格」な商品を購入したいという方に買物指南。
精肉売場で生の和牛表示の内臓肉の品揃えに感心しながらも、税抜表示を大きくアピールする姿勢には・・。
こちらの税抜・税込並記表示には食彩賓館として少し異議があります。
例えばカネスエ社は税込価格を値頃に設定し、税抜価格を参考程度の表示。対して、こちらは税抜価格を値頃表示にしている。しかもPOPは税抜価格を赤字で大きく表示。
精肉に至っては・・・・。
↓同行者の購入商品。
20120309_23
「お買得品 578円」という表示だが、良く見ると小さく右下に(税込607円)と表示されている。もちろんレジで支払う金額は607円。

 こういう表示はアカンと思います。マスコミはこういったことを取り上げず、前述の面白可笑しく客の様子を映すだけ。NHKでさえそうなんだからなんとも嘆かわしい限りです。

サンフレッシュ 新豊明店
愛知県豊明市西川町広原43番地2
(豊明市沓掛町荒井21-1より移転新築)
℡0562-92-0231
前回訪問 2008/09/06(記事9/9) 
今回訪問 2012/03/09(記事)
20120309
●購入商品
20120309_25

===============

● サンフレッシュ(愛知)
・2008/9/9 サンフレッシュ新豊明店
・2009/11/6サンフレッシュ新豊明店 中京テレビで放映
・2010/10/07サンフレッシュ東郷店大間の本マグロ
・2011/07/25サンフレッシュクラスポ蒲郡店の風景
・2011/09/08生鮮市場サンフレッシュクラスポ蒲郡店
2012/02/23サンフレッシュ東郷店(愛知県)
Facebook にシェア
LINEで送る