食彩品館.jp

KOマート藤枝志太店で「どうなんだろうなあ」と思ったこと(静岡県藤枝市)

●商品, 訪問記録|2012/03/22 posted.
Facebook にシェア
LINEで送る

KOマート藤枝志太店
静岡県藤枝市志太2丁目9−9
℡054-647-7222
20120317ko1422

 全国いろいろなスーパーを訪問していると、ホントいろんなスーパーがあるもんだなあとつくづく思います。
どんな人が購入するんだろうかと思うような高額商品や、品揃えの理由が「他店にはない」ということだけで品揃えしているんじゃないかとかんぐりたくなるような珍商品など、実に多種多様。
誌・紙で紹介される有名スーパーだけではなく、町の片隅にほそぼそと、地域の方々から長い間支持され続けるナイスな無名スーパーまで、愛知・三重・岐阜・静岡県を中心に毎週末、訪問し続けています。

 「美味しい商品・楽しい売場・新しい取組」を発見したいということで、どうしても新店訪問が主になりがちですが、本当のところ、食彩賓館が感動するのは小さな規模でも地に足をつけて、地域の方々の生活をより良くしたいと願っている、しっかりとした商売をされているスーパーを発見することだったりします。
しっかりとした商売をしているかどうかは、商品に添えられたPOPコメントや店内加工商品に添付された添加物・賞味期限表示などを見ればすぐにわかります。
もちろん、安全・安心(不要な添加物や化学的に合成された薬品を使っていないという意味ではありません)に配慮していることは最低限必要なことですし、できればそういった配慮が押し付けではなく、自然と客に伝わるようになっていることが望ましいと思っています。

 そういったナイスなスーパーがあるかと思えば、どうなんだろうなあと思うスーパーも多々あります。
今回訪問したKOマート社も一部、「どうなんだろうなあ」と思うことがありました。
高質っぽいグロッサリー商品を販売しながらも、なぜか要冷蔵品を常温陳列。
例えば、豆腐、揚げ、ウィンナー、牛乳、チーズ類、ヨーグルト、プリン等々。圧巻は洋日配コーナー前の突き出しコーナー。多すぎてオープンケースにたどりつけない。しかも、表面温度が15℃に上昇している商品もある。
メーカーが要求している保管管理温度を超える場所で販売しちゃイカンと思うのですが。

 と、いうことで、購入したのは温度管理不要のこちらの商品。

●購入商品
20120317ko_4

フリルクィーン 
・ポテトチップスはPOP表示が気になるが、味は良い。
Photo_5

20120317ko_4_2
・三元豚コロッケ。某社の18円コロッケよりはるかに美味しいが、1個105円という価格が気になる

20120317ko_11

・久々に見たお~いお茶深蒸し茶(粉末緑茶キャップ)78円。他メーカーの同タイプ商品で最初の「静岡茶」は美味しいと思ったが、これはイマイチ。フタがプカプカ浮いているし・・・。
=========
●資料
Pop20120317ko_9

1_3

2_3

================

●KOマート(静岡)に関する記事
・2009/10/9KOマート御前崎店
・2011/03/19KOマート静岡大和店
・2011/07/01KOマート田中店(京王商事)
Facebook にシェア
LINEで送る