食彩品館.jp

ヤオセイ垂井店(岐阜県不破郡)本日閉店について思ったこと

新店・改装・大店立地|2012/12/23 posted.
Facebook にシェア
LINEで送る

ヤオセイ垂井店
岐阜県不破郡垂井町2345-1
↓ 撮影日 2008/10/11(記事外観)
20081011yaosei_tarui

マックスバリュ垂井店の競合店訪問としてヤオセイ垂井店へ行ったのが2008年10月11日。
その時の記事を一部抜粋。

************
   限られた需要を奪い合うので仕方のないことですが、既存店と新店の価格対抗はどこへ行っても厳しいですね。
 
 対応パターンとしては
1. 無視する。
2. オープニングセール終了後に反撃チラシを配布する。
3. オープン前に徹底的に安売りして付近のお客の冷蔵庫を満タンにする。
4. チラシだけ価格を合わせる
5. 主力商品すべてを対抗する
6. 新店の高いものを狙って安売りをかける
今回、1番近いスーパーマーケットはヤオセイ垂井店さんでしょうか。
青果の価格を押さえ気味にして、何品か加食でも対抗商品を出していました。
普段を見ていないのでなんとも言えませんが、地場の方の支持を逃がさないように普段着のままの運営をされているようです。

 以上、2008/10/11記事より抜粋
********************

 食彩賓館で閉店の話題を記事にする時には、何がしかの再出発のきざしがあることを確認してから記事にしています。
一応、理由があります。スーパーマーケットで働いたことがある者にとって「閉店セールに押し掛ける群衆」を放映するテレビを見る度に思うことは同じではないでしょうか。
「見苦しい」
押し掛ける人よりもそれをニュースとして放映するマスコミに対してです。
どんな思いでその店で働く人達が最後のシャッターを下げているのか。
自身が所属した部署や関係した店舗を閉めるということがどれほど辛く、そして悲しいものなのか。
そんな思いをしているからこそ、あえて再出発のない閉店セールの話題を取り上げてきませんでした。
今回はおえて取り上げたいと思ったことがあったので記事にしてみました。
この店にはちょっとした思い出があるのです。

Facebook にシェア
LINEで送る