食彩品館.jp

「知りたいことを教えてくれる」信頼される店の対応はこうでなくちゃ。相場が高くても『特大サイズ(生体300g~330g)』に拘る。上うなぎ丼4,000円。一色産ビッグサイズ(4P大から3Pサイズ,生体重量300g~333g使用)かも川本店(愛知県岡崎市)。三河2トップの「はせべ」と比較(個人的印象覚書)。

●雑感・所感|2021/06/05 posted.
Facebook にシェア
LINEで送る

★食べログ記事をアップしました↓

かも川本店(岡崎市)特大3Pサイズうな丼

===========

 当日昼食、いつものラーメンではなく、ふと思いつきで鰻を食べることに。 

思いついた場所から一番近くて、できれば美味しいお店でということでで当店を選択。

時間は午前11;30到着で席に若干の余裕がある状況。

当店は20年ぶりくらいか。
何しろ人気店で「待ってまで食事したくない」「食事の予約なんぞしたくない」 「混雑が嫌い」というわがままな客なので、当店のような人気店を訪れる機会はぐっと少なくなる傾向。

愛知県でも三河では当店と同市にある「はせべ(羽根町)」が2トップという印象がある。
今回は久々の「かも川本店」なので当方も「ウナギ喰うぞ」という気合入りまくり。

 何回か記しているので知っている人も多いと思うが、食彩品館はうなぎが苦手。若い頃、食品の勉強のため青果・精肉・鮮魚部門で修業していて、鮮魚部門にいた時ににうなぎの串打ちをしたり、焼き場でウナギを焼いたりした経験がトラウマとなっています。
ウナギを見ると当時の悲惨な職場環境(煙い、暑い、臭い)が・・・・。

 うなぎに限らず、魚は漁獲方法、漁獲後の取り扱い、そして店での調理時の鮮度もしくは魚体熟度の兼ね合い等、客からは見えないことが多い。
店側も客にウケの良いことは積極的にアピールするが、そうでなければ積極的な開示はしない。
当店のような老舗店ともなると、客も一見さんよりリピーター、すなわち常連が多く、「食べればわかる」タイプの人にはセールストークは不要ということもあり、特にあらたまって特長表示はしていない。

 店に入店する前に調理場裏の活鰻管理設備を確認しているので、養殖場、あるいは当店到着後の活かし込みはきちんとされていると想像。
繁忙時間帯はおそらく注文前にウナギを開き、そして焼きながら次々と来店する客の注文に対応していると思われるが、焼き場を見る限り注文が入ってから焼いているところが見える。

 注文時に一番困るのが、ウナギのサイズ

サイズがわからないと「長焼き」、あるいは「特上」(一尾入り)にするのか、「上」あるいは「松」(2/3尾くらい)でも良いのか迷う。

当店のメニュー表示は
・お子様丼(漬物・吸物付)1切
・うなぎ丼(漬物・吸物付)2切
・上うなぎ丼(漬物・吸物付)3切
 ※上記肝吸変更は+100円
・長焼定食(付きだし・肝吸付) 

 いつものようにサイズを確認する。

当然、注文受付担当女性は切れ数の説明しかできないので、焼き場に確認にいってもらう。

焼き場からの回答は「300g~330gのウナギ」。

はい。ありがとうございます。
生体重量でキッチリ答えてくれました。

4P大から3Pクラスであることがわかります。
◇うなぎのサイズについて(目安)
・6P≒生167g/尾中心→焼製品100g~110g/尾
・5P≒生200g/尾中心→焼製品120g~130g/尾
・4P≒生250g/尾中心→焼製品140g~170g/尾
3P≒生333g/尾中心→焼製品140g~170g/尾

 こういう回答がすぐに返ってきたのは今までの経験で2店目です(#^^#)。

かなり大きいサイズであることがわかったので、小食な当方の適食サイズは2切れ入りの「うなぎ丼」で十分ながら、一尾全体の焼き加減を確認したいと思い、「上うなぎ丼(3切)」を注文することに。

4,000円です。

愛知県のサラリーマンの平均的な昼食支出金額の7日分という支払いは定年再雇用の低収入の身には応える。
それでも「1尾」の焼き全体を体験したいという欲求には勝てませんでした。
うなぎは奢ってもらって食べるものと思っていた時代が懐かしい。

 注文後、うなぎ丼の吸物は「肝吸」ではないことに気づく。肝吸はプラス100円でした。
追加注文しょうと思ったが面倒なのでそのままに。
肝吸が嫌いな人もいるので丼メニューは肝抜きという店側の配慮と納得したが、「長焼き・白焼き」は肝吸付きで丼メニューと差異化してますね。

 想定の焼き時間で登場したのがこちら。

3Pサイズ(もしくは4Pの大サイズ)ともなるとデカイねぇ。

スーパーでは買ったことあるけど、鰻店では初かも。

いや20年前のかも川実食でいただいているハズ。(覚えていないが)

 関西風(腹開き・蒸し工程無し)なので皮のカリカリ感と尾の部分の焼き具合をまずは確認。


良いです。さすがです。

当たり前のごとく焼きムラなんぞありません。
皮のカリカリ感だけでなく、皮と身の間のニュル感もなく、蒸し工程が入っていない関西風でありながらも身がふっくらしていて食感も最適になっている。

こりゃあ良いわ~。

 少々甘めのタレが「はせべ」との違いか。
「はせべ」を大人の味と例えると、「かも川」は家族向けの少々甘目の味。
誰が食べても美味しいと思える味は共通だが、好みはわかれると思う。

ただし、サイズは「はせべ」が5P大~4P小サイズ(推定)という印象なので、「かも川」のビッグサイズ(4P大~3P)と比較すると、この点で大いに異なる。

 焼きは両店ともグッジョブ。
さすが三河ツートップ。いずれも甲乙つけがたい。

当方の嗜好としては「タレ味ははせべ」、「身質とボリュームはかも川」といったところか。

いずれも良店であることは間違いない。

 今回の「かも川」での食体験は今後のうなぎ実食評価の基準値を大きく書き換えた感あり。

最後に。

知りたいことを教えてくれる

信頼される店の対応はこうでなくちゃ。

◇資料

 

================
・かも川本店
愛知県岡崎市鴨田本町19-16
駐車場無料・あり(お店の前+道を挟んだ向かい側にも駐車場あり)
お問い合わせ0564-21-4061
営業時間昼:11:30~13:30 夜:17:00~19:30
定休日水曜日・木曜日(水曜日は営業の場合もあり)

2021/06/05かも川本店(岡崎市)

 

 

 

=================
はせべ(愛知県岡崎市)
愛知県岡崎市羽根町字東ノ郷6
℡0564-51-3427
営業時間
ランチ:11:00〜14:30
ディナー:16:30〜20:00
定休日
毎月第4火曜日
毎週月曜日
2020/06/27はせべ(岡崎市)うな重

==================

うなぎに関する記事
2021/06/05かも川本店(岡崎市)
2021/03/21かねぶん新安城店。鰻丼
2020/12/09ハウス式温水養鰻場(一色)
2020/10/30新仔一色産鰻(鮮魚松島)
2020/08/03土用の丑に鰻は食べない

2020/06/27はせべ(岡崎市)うな重
2019/09/28辻屋(岐阜県関市)並丼
★・2019/02/16あつた蓬莱軒松坂屋ひつまぶし
2017/08/03出前専門店うなぎ家和蒲(知立)出店

2016/01/02うお茂(みよし市)鰻上まぶし丼
2015/07/24たま川(半田市)うな重特上
2015/06/26うな博でうなぎ特上丼(幸田町)
2014/12/06うなぎ大国(安城市)
2014/06/27うなぎ旭屋(知立市)
2013/12/19イトーヨーカドー安城店活鰻ライブ販売
2013/10/03うなぎ川安(豊田市足助)
2013/07/19うなぎ旭屋(知立市)でW丼
2012/03/03浜名湖うなぎ処勝美
2011/07/31岐阜県の土用の丑うなぎスーパーマーケットの売場
2009/11/2いば昇 本店,櫃まぶし(名古屋市)
2009/10/31蓬莱軒本店(蓬莱陣屋)ひつまぶし
2009/07/19岡崎農遊館,店外焼の鰻(愛知県)
2008/07/15鰻,関西風と関東風の違い

=================
◆食事についての記事
◇全国のラーメンに関する記事一覧
http://wp.me/P66ssl-5Gc
◇うどん、そば、冷麺、焼きそば、パスタに関する記事一覧
http://wp.me/P66ssl-5Vg
◇鮮魚と寿司に関する食彩品館.jp記事
http://wp.me/P66ssl-5NK
◇肉類に関する食彩品館.jp記事
http://wp.me/P66ssl-6Dg
◇和食(魚・肉記事除く)食彩品館.jp記事
http://wp.me/P66ssl-9hQ

◇食べログ記事一覧
http://goo.gl/mZSuZ1
==============

食彩品館.jp直近記事一覧 25,000超記事
http://goo.gl/S6anZc

====

Facebook にシェア
LINEで送る