食彩品館.jp

京都 峰山で丹後の旬を堪能。新子イカ、氷魚など

●商品, 旅行記, 郷土・特産品|2010/04/27 posted.

食事処 味ひとすじ たつや
〒627-0005京都府京丹後市峰山町新町1794?3
℡0772-62-4499
20100410

宿泊したホテルの前にあることは事前計画の時に地図でチェック済み。ただし、どんな食事を出すのかまでは調べていない。
いろいろなレストランや食堂を評価するサイトがあるが、イマイチ信用できないのは自分のブログを顧みればよくわかる(笑)
特に人気店の書き込みはガイドブックや他の食通ブログの請売りだったりして、参考にならないものが多い。また、店の悪口を読むと気分が悪くなるので、最近は読まないことにしている(食彩賓館は見てきた事実のみ)
とは言ってもネットでいろいろ検索してまで、遊び(新店情報やブログの店舗訪問)の調査に時間を費やすのはもったいない。請け売り的な記事になってしまう。
今回の食事処「たつや」もそう。
20時前にホテルでチェックインを済ませ、荷物を置いてすぐにホテル前の「たつや」へ。
夜なので表からはわからなかったが、奥に広い座席がある。カウンターには先客がなく、デーブルに一人だけ客が座っていた。
まずはメニューを確認。手書きで「本日は平政、活丁半、はまち、いわし等が揚がっていました」と仕入時の漁港の情報が書いてある。
これだけで、嬉しくなる。自分で漁港まで仕入れに行っていることがわかる。
まずは生ビールを頼み、刺身を物色。単品ばかりだったので、板前さんに質問。
「2種類あります」
ということで、大きいサイズ(1700円だったか)を注文。
出てきた刺身は切り方、盛付け方はともかく、種類が多い。
20100410_4
「(港では)片口イワシは結構、多く揚がっていたけど、真イワシは少なかった」ということなので、その貴重な「真いわし」の刺身から。
グッドです。サイズは大きすぎず、小さすぎず。アブラのノリも丁度良い。肌もツヤツヤ。
ヒラマサ、ハマチはわかる。貝はトリ貝とツブ貝。旬のサワラも美味しい。イカは三重の紀伊長島のものが好きなのだが、この丹後モノもなかなか良い。
さて、手前右下の白身の(おそらくヒラメではなくカレイだと思うが)品種がわからない。質問すると「エテガレイ」。煮付けは昼食で食べたが、産地のエテガレイ(宗八カレイ)は刺身でも美味しいのが良くわかった。
そして、一番、この店で気に入ったのが「ケン」。大根をきちんと桂剥きしてケンを作っている。味が良い。ナイス。
翌日、明るくなってから知るのだが、この店は「食堂」ではなく「料理屋」さんだった。
メニューを見ると「活ふぐてっさ」とある。話を伺うと、丹後半島のフグの旬は海水温度の関係でこれからが旬とか。これも手頃な価格なので、どうしょうか迷ったが、てっさは次回の楽しみにとっておく。
ここまで、質問すると先方もこっちの知識のレベルがわかってくる。
今日は、宮津から舟屋経由で丹後半島を一周してきたことを話し、「(仕入れた)漁港はどこですか?」の質問に「新井崎(にいざき)」。
伊根漁港へは寄ったが、伊根の隣にある漁港。そちらは当方、行ってない。峰山からわざわざ丹後半島先端まで仕入れに行くんだと感心。
「いろいろな場所で安くて美味しいものを食べるのが趣味なんです」と話して、この地方のそういう食材を紹介してもらう。
まずは有名な「氷魚(ひうお)」500円。
20100410_2
鮎の稚魚。見慣れた琵琶湖産の小鮎より、さらに小振り。海水域で獲れるが、他の魚に混じっていたのを港で一匹ずつ拾いあげたとか。磁場スーパーでまとめてパックして売られているのよりは鮮度が良さそうだ。
「少しだけあぶるような感じ」とかで、焼きすぎてはいけない。
実食すると、確かに、この微妙な焼き加減は素人では無理だ。原材料の価格よりも技術料としての500円は安い。
この後、舞鶴のスーパーで氷魚を購入したが、このような感じの焼き加減は再現できませんでした。
20100411_23

続いて「新小イカ」300円。
20100410_3
ホタルイカサイズのスルメイカの新子。こちらも薄味の味加減と程好い食感が良い。中骨が気にならないサイズなので、そのままボイルするとか。
氷魚同様に舞鶴のスーパーで購入したが、これまた同じく、再現できませんでした。胴体と足がバラバラになってしまう。煮すぎてしまうんですね。
20100411_8 

板前さんにいろいろ質問したが、その都度 丁寧に答えてくれました。ありがとうございます。

「また来ます」と言って勘定を頼むと、生中3杯と上記つまみで3,000円ちょっと。
この値段だったら活ふぐてっさを食べてもよかったな。

寿司も回転寿司並の価格でメニューに載ってました。こちらも次回の楽しみ。

旅の夜の過ごし方としては最上だと思います。アルコールが入ったので、温泉は翌朝に入ることにしてベッドにもぐりこむ。

●関連ブログ記事
・2010/04/16サニーマート南店(福井県)の改装と高浜の鮮魚
・2010/04/18丹後半島ドライプⅠ(天の橋立~舟屋~蒲入)
・2010/04/24京都丹後半島そのⅡ(問人丹後久美浜城崎)
・2010/04/25植村直己冒険記念館(兵庫県日高町)

●食事の話

・ 2008/2/24ラ ベットラを食す
・2008/7/28お父さんが作った夕食
・2008/7/29すっかり調理師風
・2009/1/18伊勢・志摩の食材でてこね寿司を作る
・2009/2/6遠鉄ストアで鳥善一水庵と割烹岡田惣菜
・2009/2/8   吉良~ 一色~碧南へ向かうさかな広場で寿司
・2009/2/16スーパーマーケットトレードショーへ行く
・2009/5/1京都府宇治市から京都市西京区(焼肉 小倉優子)
・2009/5/20西友「ザ・モール姫路」と「和庵いっしん」
・2009/6/19知多半島 美浜ナチュラル村でランチ
・2009/8/6しずてつストアのビオファームまつき
・2009/10/31蓬莱軒本店(蓬莱陣屋) ひつまぶし
・2009/11/2今度は「いば昇 本店」で櫃まぶし
・2009/12/26オークワ岡崎インター店再訪と餃子の王将
・2010/1/2伊勢志摩で「水のフレンチ」をいただく
・2010/1/9回転寿司で本クエ、トラフグ、大間産本まぐろ
・2010/02/27三重県紀伊長島「まるます食堂」へ<№937報>
・2010/03/20京都錦市場 かね松老舗で「長寿ランチ」
・2010/04/10「釣り魚買取ます」 炎の回転寿司 武蔵丸
・2010/04/13オーガニックレストラン“新鮮多彩カフェ&レストラン”にんじん
・2010/04/18丹後半島ドライプⅠ(舟屋で北陸の味覚)