食彩品館.jp

【三河三大ウナギ銘店その3】生体重量約285g/本(3.5P)の一色産うなぎ(産地証明書と医薬品検査済み)使用。美味・サイズも満足。なによりも表示がグッド。出てくるのが早いので焼き溜め?。炭火職人うなみ(愛知県西尾市)

Facebook にシェア
LINEで送る

★食べログ記事をアップしました↓

炭火職人うなみ(西尾市)特大特上鰻丼

===============

 ウナギは若い頃の焼き場修行体験でトラウマとなり、あまり食していないが、それでも少ないながらも100店ほどで食しているでしょうか。
そのうち、自分のお金で食したのは50店程で、あとはたいてい奢り。よって記事として記録しているのは25店ほどと、さらに少ない。
会社経費や奢り・接待で食したことを自分のサイトにアップするのは避けているというのがその理由。

 最近、というか食彩品館活動を始めてから15年の間に食した関西風うなぎ料理店のうち、愛知県で気に入った店舗を上げると、 

1.味(タレ) はせべ(愛知県岡崎市)
2.サイズ・食感 かも川(愛知県岡崎市)
3.見た目  あつた蓬莱軒(名古屋市)

 と、いうように誰もが知っている銘店・老舗店になってしまう。
他にもいろいろあるが、結局、活かしこみ活鰻を自店開きで、関西風で炭火で焼いている店の中でとなると上記3店になってしまう。
これに価格を考慮すると、今回訪れた「炭火職人 うなみ(以下、当店)」はかなり好印象の部類にランクされると思う。
もちろん、良い点ばかりではないが、それは他の店舗も同様であり、食に関しては食べる本人の嗜好で評価すれば良いと思っているので、いつものように「私の美味しいはあなたの美味しいではないし、逆も真」。

 そういった味の評価以外で、当店が際立っているのは、店内に使用ウナギの産地証明書と医薬品検査済み証が掲示されていること。
これは嬉しいし、他の店も真似ていただきたい。
企業・店舗の大小を問わず、経営者は“表示は当社・当店の沽券”と心得るべし。

食に携わるものは常に“オネスト”であって欲しいと思っています。
特に産地証明書に記されている『サイズ』については、毎回、ウナギ注文時に確認しているものの、すぐに明確な返答をしてくれる店は少ないので、注文前にサイズがわかるのは嬉しい。
5Pサイズ(生体200g程度)のウナギをわざわざ専門店で食す理由は当方にはないので、最低、4P(生体サイズ約250g程度)、できればそれ以上のサイズ(3P)があれば嬉しい。
大きければ良いというわけではないが、できれば肉厚で、焼きは関西風でありながらもふんわり食感だとさらに嬉しい。

 さて、当店。国産うなぎの大産地一色町は西尾市にあり、一色町の近隣にある斉藤町にうなみはある。

平日、午前11時30分到着で店前駐車場はほぼ満車という活況。店前にすでに待機組がたむろ。
まずは店内に入り、順番待ち表を眺めると3組目。
いつもなら「待ってまで、並んでまで食べる料理はない」と断言しているものの、今回ばかりは大人しく待つ。
11時開店直後の客が退店する時間ということもあり、すぐに案内されてカウンター着席。
メニューを眺めながら注文品を確認。

メニュー(肝串はすでに売切れ)

 いつものようにウナギのサイズ確認。メニューには“特大”と表示されているが、店によっては4Pサイズの大きいものを特大と表示していることもあるため、生体重量の確認は必須

ふと、壁になにやら小さい文字で表示されている掲示物を発見。

これが前述の使用ウナギの産地証明書医薬品検査済み証

これはもう大感激
サイズも「3.5P(1kgに約3.5本≠約285g/本平均)」と表示されている。
※(1kgに約3.5本≠約285g/本平均)

活鰻使用と炭焼きということと、産地とサイズがわかればあとは特に知りたい情報もないが、当店はご丁寧に医薬品検査済み証を合わせて掲示してくれています。
もっともこういった検査証明は全量検査なのか抜き打ち検査なのか不明なため、参考程度といったところでしょうか。証明書を見ると生体の残留ではなく、養殖池の残留検査のようです。
検査での証明は「検出限界以下」であることが多いので“無(存在しない)”の証明ではないと受け止めています。
とは言っても、検査済み証を表示するという当店の心意気には大拍手です。

そういったことで、当店は食彩品館最初のうなぎ表示優良店に勝手に認定。

 それでは肝心のうなぎ実食の感想。

 

器からはみ出ているものの、意外と小さく感じる。
今年は久々にかも川で生体300g前後(推定)のうなぎを食しているので3.5P(生体約285g)でもさほど大きく感じない。(もちろん通常店と比較するとかなり大きい)

身もふっくらしているが、感動レベルではない。
関西風のうなぎ料理評価の肝である皮の焼き加減は秀逸

そして、3.5Pサイズを使用しているにもかかわらず、1枚(当店表記は“特大1尾”)使用で2,600円という価格には好感がもてる。
今年はかも川の4,000円を見ているので、特にお値打ちを感じる。

良いと思います。

家族でウナギを食べに行くなら当店に来ると思う。

県外の友人とだったら、あつた蓬莱軒のひつまぶしの見た目を堪能してもらい、うなぎ好きの知人同行だったら、かも川(愛知県岡崎市)といった選択になるでしょうか。

 最後に、ちょっと気になるのが、注文して数分で提供されたこと。
焼き溜め?。少々、ふっくら感が物足りないと思うのはその所為か?。
提供が早いのは嬉しいが、やっぱり、ウナギは注文があってから井戸水に浸した活かしこみ容器から取り出し、サッと捌いて、新鮮な肝を吸い物に、そして長年育んだ経験と勘の技量をもってじっくりと備長炭で焼き上げたうなぎの方がうれしい。絶対条件ではないが。
そういったことよりも回転を速くする、待たせたくないという想いを優先した作業を採用をしていることも当店の流儀。
価格を考慮すると、大変レベルの高いうなぎ料理店だと思います。

=================
・炭火職人 うなみ
愛知県西尾市斉藤町郷中8-1
℡0563-77-2393

==================

うなぎに関する記事
2021/11/11炭火職人うなみ(西尾市)
2021/06/05かも川本店(岡崎市)
2021/03/21かねぶん新安城店。鰻丼
2020/12/09ハウス式温水養鰻場(一色)
2020/10/30新仔一色産鰻(鮮魚松島)
2020/08/03土用の丑に鰻は食べない

★・2020/06/27はせべ(岡崎市)うな重
2019/09/28辻屋(岐阜県関市)並丼
★・2019/02/16あつた蓬莱軒松坂屋ひつまぶし
2017/08/03出前専門店うなぎ家和蒲(知立)出店

2016/01/02うお茂(みよし市)鰻上まぶし丼
2015/07/24たま川(半田市)うな重特上
2015/06/26うな博でうなぎ特上丼(幸田町)
2014/12/06うなぎ大国(安城市)
2014/06/27うなぎ旭屋(知立市)
2013/12/19イトーヨーカドー安城店活鰻ライブ販売
2013/10/03うなぎ川安(豊田市足助)
2013/07/19うなぎ旭屋(知立市)でW丼
2012/03/03浜名湖うなぎ処勝美
2011/07/31岐阜県の土用の丑うなぎスーパーマーケットの売場
2009/11/2いば昇 本店,櫃まぶし(名古屋市)
2009/10/31蓬莱軒本店(蓬莱陣屋)ひつまぶし
2009/07/19岡崎農遊館,店外焼の鰻(愛知県)
2008/07/15鰻,関西風と関東風の違い

=================
◆食事についての記事
◇全国のラーメンに関する記事一覧
http://wp.me/P66ssl-5Gc
◇うどん、そば、冷麺、焼きそば、パスタに関する記事一覧
http://wp.me/P66ssl-5Vg
◇鮮魚と寿司に関する食彩品館.jp記事
http://wp.me/P66ssl-5NK
◇肉類に関する食彩品館.jp記事
http://wp.me/P66ssl-6Dg
◇和食(魚・肉記事除く)食彩品館.jp記事
http://wp.me/P66ssl-9hQ

◇食べログ記事一覧
http://goo.gl/mZSuZ1
==============

食彩品館.jp直近記事一覧 27,000超記事
http://goo.gl/S6anZc

Facebook にシェア
LINEで送る